「来年は日本一」誓う 優勝パレード | 広島東洋カープ | 中国新聞アルファ

ふむ・・・


沿道からの声援に笑顔で応える菊池(左)と新井(撮影・高橋洋史)
沿道からの声援に笑顔で応える菊池(左)と新井(撮影・高橋洋史)

リーグ連覇した喜びをファンと分かち合った。25日の優勝パレードで、広島の首脳陣や選手らは試合中には見せないにこやかな表情。菊池は「昨年は25年ぶりの優勝で泣いている人が多かったが、今回はみんな笑顔で声を掛けてくれた」と特別な時間を楽しんだ。

▽菊池「みんな笑顔」/新井「喜ぶ姿見られた」

選手はオープンバスの2階部分からファンと対面した。昨年はオープンカーに乗車していた新井は「バスの上からだと多くの人の喜ぶ姿が見られてうれしい」と興奮気味。一番人気の声援を受け、前後左右に笑顔で手を振った。

今季は1軍出場がなかった赤松もファンの前に登場。「一切プレーしていないので複雑だが、熱気を感じた。来年は優勝に貢献してパレードで手を振りたい」と胃がんからの復活を誓った。鈴なりの観衆をカメラに収める選手もおり、丸は「多くの人に来てもらえて本当にありがたい」と感謝した。

沿道のパワーに負けず、はしゃぎ通した約40分。松山は「毎年やりたいし、来年は日本一になって最高のパレードをしたい」と誓いを新たにした。(友岡真彦)

情報源:「来年は日本一」誓う 優勝パレード | 広島東洋カープ | 中国新聞アルファ


オープンバスで手を振り沿道の声援に応える丸選手(手前)たち=25日午前10時49分、広島市中区(撮影・井上貴博)
オープンバスで手を振り沿道の声援に応える丸選手(手前)たち=25日午前10時49分、広島市中区(撮影・井上貴博)

セ・リーグを連覇した広島東洋カープの優勝パレードが25日、広島市の平和大通りであった。8度目の優勝を勝ち取った選手たちと喜びを分かち合おうと、沿道には約30万3千人(主催者発表)が詰め掛けた。

オープンカー2台、オープンバス6台の車列が午前10時半すぎ、西区の西観音町電停東交差点を出発。緒方孝市監督や今季の最優秀選手(MVP)の丸佳浩選手、薮田和樹投手たち約110人が笑顔でファンに手を振った。

沿道からは「ありがとう」「来年こそ日本一」などの声援が飛び交った。佐伯区の行政書士竹村成生さん(51)は「普段通勤している道が真っ赤に染まり、感慨深い。難しいと思っていた連覇を成し遂げ、大したものだ」とねぎらった。

ゴールの中区の鶴見橋西詰めまでの約3キロ、ファンの声援は続いた。緒方監督は「今年も多くの人が手を振ってくれてありがたい。感謝の気持ちでいっぱいだ」と歓喜の余韻をかみしめた。(江川裕介、友岡真彦)

情報源:連覇祝う高揚の赤 優勝パレード、沿道に30万人 | 広島東洋カープ | 中国新聞アルファ


沿道のカープファン
沿道のカープファン

セ・リーグを連覇した広島東洋カープの優勝パレードが25日、広島市の平和大通りであった。8度目の優勝を勝ち取った選手たちと喜びを分かち合おうと、沿道には約30万3千人(主催者発表)が詰め掛けた。

カープファン
新井
野間(左)、鈴木(中)、丸
松田オーナー(右端)たち
九里(12)、西川(右から3人目)たち
田中(右)と松山
安倍(60)
赤松
ザ・ギースの尾関高文(左)とプロレスラー内藤哲也

情報源:カープ優勝パレード ファンら30万人が祝福 | 中国新聞アルファ


ピンずれも多いけど、撮った写真をUpしています。

平成29年(2017年)11月25日 カープ優勝(V8)パレード - Google フォト
平成29年(2017年)11月25日 カープ優勝(V8)パレード – Google フォト