ハイエース50周年の改良 トヨタ、家族向けアピール

ふむ・・・


発売から50周年を記念し、一部改良して発売されるトヨタ自動車の商用車「ハイエース」
発売から50周年を記念し、一部改良して発売されるトヨタ自動車の商用車「ハイエース」

トヨタ自動車は22日、初代モデルの発売から50年を記念し、商用車「ハイエース」に自動ブレーキを標準装備して12月1日に発売すると発表した。ディーゼル車は燃費性能も改善した。家族向けの車としてアピールする新たな販売戦略も展開する。

アウトドアの趣味を持つ家族に使ってもらうことを想定し、一部の販売店でテントなどとともに展示する。トヨタ車の改造を手掛けるトヨタモデリスタインターナショナル(東京)は内外装をレトロ調にした新モデルも販売する。

ハイエースはトヨペット店、同様の改良を実施する兄弟車「レジアスエース」はネッツ店で扱う。いずれも希望小売価格は213万3千円から。

初代ハイエースは昭和42年に発売。現行は5代目で、耐久性の高さから海外でも人気が高い。世界累計販売台数は平成11年に発売したレジアスエースを含めて633万台。

情報源:ハイエース50周年の改良 トヨタ、家族向けアピール



ほぉ・・・