元SMAP稲垣吾郎、森且行と「また再会出来るなんて夢にも思ってなかった」

へぇ・・・


元SMAPの稲垣吾郎(43)が21日、自身のブログで、オートレーサーの森且行(43)について「また再会出来るなんて夢にも思ってなかった」とつづった。2日から3日間にわたって放送されたインターネットテレビ局、AbemaTV「72時間ホンネテレビ」で、21年ぶりに共演を果たしていた。

稲垣はホンネテレビの放送終了後に、「これからも応援してくれてるファンの為にも笑いと感動をよろしくね、吾郎ちゃん。あ、ゴロちゃんだ」というメールが森から送られてきたと、一部を紹介。「嬉しかった」と素直に喜んだ。

SMAP内では同学年だった稲垣と森。「10代の頃は自分自身に精一杯で人の気持ちなんて考えてられなかった。森君は僕の性格を分かっていてあえて香取君や草なぎ君とは違う距離を守っていてくれたんだろう。一見、無邪気で猪突猛進な人間に見えるが、実は人一倍繊細な優しい心で周りを見ていたんだね。僕なんて変わり者でナルシストで…接し難かっただろうな。。」と、ともに活動していた当時を振り返り、2人の距離感をほどよく保ってくれた森に改めて感謝した。

そして、「長い月日を経て、こうしてまた再会出来るなんて夢にも思ってなかった。あの日、試合の結果を気にしてなのか照れ臭さそうに走ってきた森君のはにかんだ笑顔を僕は忘れない」と、まさかの再会となった日のことを振り返った。

森には「ステージは違うけど夢を追い求める者同士、これからもNAKAMAとして頑張っていきましょう」と、今後の活動に向けエールを送った。

そして、今回の再会をきっかけに「約二十年前の夜、お別れ会で握手を交わした森君の表情は、歳月と共にモノクロームに変わってしまっていたが、再会を境にまた鮮やかに色づき始めました」と、止まっていた時が動き出したとつづっている。

情報源:元SMAP稲垣吾郎、森且行と「また再会出来るなんて夢にも思ってなかった」


ほぉ・・・