ペルーから津波なかった? 16世紀の東北伝承1年ずれ

へぇ・・・


16世紀末、ペルー沖太平洋のマグニチュード(M)8級地震で、東北地方に高さ約2メートルの津波が押し寄せた――。米海洋大気局(NOAA)など国際的に研究者が用いるデータベース上の津波が、実は文献の書き写しミスによる幻だったことが18日、佐竹健治東京大教授(地震学)の調査で分かった。

ペルー沖の地震は1586年7月9日に発生したが、85年に津波が来たという国内の伝承と誤って結び付けられていた。この津波は、遠方から日本に及ぶ「遠地津波」では最古の記録とされているという。

佐竹氏は「誤った記録をそのまま受け継がないよう注意が必要だ」として、12月に米国で開かれる学会でデータベースの修正を訴える。

宮城県が1903年にまとめた資料によると、同県戸倉村(現在の南三陸町)では、天正13年5月14日(1585年6月11日)に津波が来たとの言い伝えが残っていた。この言い伝えの正体は分かっていない。

その後も津波が起きるたび、気象庁などが過去の津波をまとめて報告書にしたが、その際に宮城県の記録を誤って書き写したらしく、最終的には1960年の報告書で「天正14年5月14日」(1586年6月30日)と誤記。実際は1年以上のずれがあったが、1586年のペルー沖地震と時期が近いと誤解したらしく、報告書は言い伝えの津波と同じものである可能性を指摘していた。

この報告書を根拠に津波シミュレーションが行われ、NOAAやロシア科学アカデミーのデータベースは、宮城県沿岸では高さ約2メートルだったと記録している。〔共同〕

情報源:ペルーから津波なかった? 16世紀の東北伝承1年ずれ


ほぉ・・・