中国 チベット自治区で地震 マグニチュード6.9か

中国 チベット自治区で地震 マグニチュード6.9か | NHKニュース

ハァ・・・


中国地震局によりますと、18日午前6時34分ごろ、日本時間の18日午前7時34分ごろ、中国内陸部・チベット自治区のニンティ市メンリン県を震源とするマグニチュード6.9の地震がありました。震源の深さは10キロと推定されています。

香港のフェニックステレビは、ホームページで、暗い中、多くの人が外に出ている写真を掲載し、現地では、寝ているときに揺れを感じ、外に避難したと伝えています。

また、震源から南西におよそ100キロ離れたホテルの女性従業員はNHKの取材に対し「地震の揺れは10秒ほど続き、少し強い横揺れだったが、物が落ちたり窓ガラスが割れたりといった被害はなかった。外にも出てみたが町も大きな被害はなさそうだ」と話していました。

ニンティ市メンリン県は、チベット自治区の中心都市、ラサから東におよそ500キロ離れています。海抜3100メートル余りの場所に、チベット族などおよそ2万人が住んでいるということですが、この地震による被害の状況など、詳しいことはわかっていません。

一方、地震の規模について、アメリカのUSGS=地質調査所は、マグニチュード6.3としています。

震源から50キロ離れたホテルでは

震源から西に50キロほど離れたホテルの女性従業員は、NHKの取材に対し、「揺れは1分ほど続いて、その間、強く揺れる時もあった。収まったと思ったらまた揺れて、その後も小さい揺れが続いている。建物の被害やけが人は出ていない」と話しています。

女性従業員が地震後に撮影した映像からは、現地は山あいの小さな町と見られ、道路などに被害はなく、バスや車が走っている様子が映されています。

また、女性従業員が勤めるホテルでは建物や窓ガラスに被害の様子は見られませんでした。

情報源:中国 チベット自治区で地震 マグニチュード6.9か | NHKニュース


中国 チベット自治区で地震 建物倒壊の被害 国営メディア伝える | NHKニュース


もっと、沿岸部で起こればいいのに。


「中国 チベット自治区で地震 マグニチュード6.9か | NHKニュース」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。