WRX S4

スバル、9車種39万5000台をリコール…完成検査の不適切事案で

ふむ・・・


車の検査不正でSUBARUがリコール

自動車メーカーのSUBARUの工場で資格のない従業員が車の検査を行っていた問題で、SUBARUは3年前から先月までに国内で製造した軽自動車を除くすべての車種、およそ39万5000台について国にリコールを届け出ました。

SUBARUは国内唯一の製造拠点の群馬県の工場で資格のない従業員が出荷前の検査を行っていたことを先月、明らかにしました。

これを受けてSUBARUは平成26年1月から先月までに群馬県の工場で製造し、1度も車検を通っていない軽自動車を除くすべての車種について、16日、国土交通省にリコールを届け出ました。

対象となるのは、「レヴォーグ」や「インプレッサ」など8車種のほかSUBARUが製造し、トヨタが「86」の名前で販売する1車種の、合わせて9車種およそ39万5000台です。

SUBARUなどはこれらの車を対象にブレーキや計器類の点検を無償で行うことにしていて、16日から順次、全国の販売店などで受け付けるということです。

一連の問題をめぐっては、日産自動車もおよそ120万台に上るリコールを国に届け出ていて、日産やSUBARUは不正の原因や再発防止策をまとめた報告書を国に提出することにしています。

情報源:車の検査不正でSUBARUがリコール | NHKニュース


SUBARU(スバル)は11月16日、完成検査の不適切事案に伴う、9車種約39万5000台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

スバルは10月27日、出荷前の完成検査で完成検査員でない人を登用して業務に従事させていたことを発表。これに伴い、不適切な検査による新車について、11月中旬をめどにリコールを届け出るとしていた。

リコールの対象となるのは、『レヴォーグ』『WRX』『インプレッサ』『XV』『フォレスター』『レガシィ』『エクシーガ』『BRZ』およびOEMで供給したトヨタ『86』の9車種で、2014年1月6日から2017年10月3日に製作した約39万5000台。

全車両、指定整備工場において点検および自動車検査員による確認を行い、道路運送車両の保安基準に関する不具合が認められた場合は是正する。

情報源:スバル、9車種39万5000台をリコール…完成検査の不適切事案で | レスポンス(Response.jp)


自動車メーカーの「SUBARU」は資格のない従業員による不正な検査の問題で、およそ40万台のリコールを国土交通省に届け出ました。

リコールの対象となるのは2014年1月から今年の10月3日までに生産された車で、購入してから一度も車検を受けていない「インプレッサ」など軽自動車を除く全ての車と、トヨタ自動車から委託を受けて生産している「86」のあわせて9車種、およそ39万5000台です。

「SUBARU」では、出荷前の車の完成検査を資格のない研修中の従業員が担当していて、発覚した当初はリコールの対象を「研修中の従業員が検査した車両」に限定していました。その後、資格のない検査員が検査に関わった車両を特定するのは難しいとして、同じ時期に生産された全ての車両へと対象を拡大していました。

情報源:「SUBARU」無資格検査問題、約40万台リコール届け出 TBS NEWS


株式会社SUBARUから、平成29年11月16日国土交通大臣に対して、下記のとおりリコールの届出がありましたので、お知らせします。

添付資料

リコール届出一覧表(PDF形式:95KB)PDF形式

001210672

改善箇所説明図(PDF形式:54KB)PDF形式

001210671

情報源:報道発表資料:リコールの届出について(スバル レヴォーグ 他) – 国土交通省


2017年11月16日

完成検査に関わるリコールについて

平成29年11月16日、株式会社SUBARUより、国土交通省に完成検査に関わるリコールを届け出いたしました。

リ コ ー ル 届 出 番 号 4137 リ コ ー ル 開 始 日 平成29年11月16日
不具合の部位(部品名) その他
基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因  車両製作工場の完成検査において、完成検査員に任命されていない検査員が合否判定を行ったものが認められたため、道路運送車両の保安基準に関する検査が適切に行われていなかった。
改 善 措 置 の 内 容  全車両、指定整備工場において点検および自動車検査員による確認を行う。道路運送車両の保安基準に関する不具合が認められた場合は是正する。
車名 型   式 通 称 名 リコール対象車の車台番号
の範囲及び製作期間
リコール対象車
の台数

スバル DBA-VM4 「レヴォーグ」 VM4-002001 ~ VM4-107495
平成26年5月9日 ~ 平成29年10月3日
約62,000
DBA-VMG VMG-002001 ~ VMG-027216
平成26年5月21日~平成29年10月3日
約14,000
DBA-VAG 「WRX」 VAG-002001 ~ VAG-024724
平成26年7月2日 ~ 平成29年10月3日
約14,000
CBA-VAB VAB-002001 ~ VAB-020480
平成26年6月11日 ~ 平成29年10月3日
約9,000
DBA-GJ2 「インプレッサ」 GJ2-007226 ~ GJ2-010011
平成26年7月15日 ~ 平成28年9月29日
約2,000
DBA-GJ3 GJ3-007708 ~ GJ3-013411
平成26年5月21日 ~ 平成28年9月29日
約4,000
DBA-GJ6 GJ6-006062 ~ GJ6-007045
平成26年10月6日 ~ 平成28年9月27日
約500
DBA-GJ7 GJ7-016579 ~ GJ7-022915
平成26年4月21日 ~ 平成28年9月29日
約4,000
DBA-GK2 GK2-002001 ~ GK2-004502
平成28年12月7日 ~ 平成29年10月2日
約1,000
DBA-GK3 GK3-002001 ~ GK3-004003
平成28年12月7日 ~ 平成29年10月3日
約1,000
DBA-GK6 GK6-002001 ~ GK6-006020
平成28年10月24日 ~ 平成29年10月3日
約3,000
DBA-GK7 GK7-002001 ~ GK7-008558
平成28年10月24日 ~ 平成29年10月3日
約5,000
DBA-GP2 GP2-022411 ~ GP2-034921
平成26年5月7日 ~ 平成28年9月30日
約8,000
DBA-GP3 GP3-015018 ~ GP3-032739
平成26年5月7日 ~ 平成28年9月30日
約14,000
DBA-GP6 GP6-012761 ~ GP6-015433
平成26年5月24日 ~ 平成28年9月30日
約1,400
DBA-GP7 GP7-060801 ~ GP7-139250
平成26年1月28日 ~ 平成29年3月29日
約42,000
DAA-GPE GPE-012764 ~ GPE-035842
平成26年2月5日 ~ 平成29年3月15日
約10,000
CBA-GRF GRF-008534 ~ GRF-008534
平成26年4月4日 ~ 平成26年4月4日
1
DBA-GT2 GT2-002003 ~ GT2-030053
平成28年12月7日 ~ 平成29年10月3日
約8,000
DBA-GT3 GT3-002001 ~ GT3-031483
平成28年12月7日 ~ 平成29年10月3日
約5,000
DBA-GT6 GT6-002001 ~ GT6-030046
平成28年10月3日 ~ 平成29年10月3日
約9,000
DBA-GT7 GT7-002001 ~ GT7-055059
平成28年10月3日 ~ 平成29年10月3日
約15,000
DBA-GT3 「XV」 GT3-027009 ~ GT3-031475
平成29年4月21日 ~ 平成29年10月3日
約4,000
DBA-GT7 GT7-040114 ~ GT7-055060
平成29年4月21日 ~ 平成29年10月3日
約15,000
DBA-SJ5 「フォレスター」 SJ5-036287 ~ SJ5-115024
平成26年2月6日 ~ 平成29年10月3日
約57,000
DBA-SJG SJG-020952 ~ SJG-039811
平成26年3月12日 ~ 平成29年10月3日
約12,000
DBA-BM9 「レガシィ」 BM9-026640 ~ BM9-026858
平成26年4月11日 ~ 平成26年8月29日
約200
DBA-BMG BMG-004785 ~ BMG-004902
平成26年3月28日 ~ 平成26年7月31日
約10
DBA-BMM BMM-009356 ~ BMM-009715
平成26年6月6日 ~ 平成26年8月27日
約10
DBA-BN9 BN9-002001 ~ BN9-016017
平成26年10月2日 ~ 平成29年10月3日
約9,000
DBA-BRF BRF-009080 ~ BRF-009080
平成26年4月1日 ~ 平成26年4月1日
1
DBA-BRG BRG-011211 ~ BRG-011719
平成26年3月18日 ~ 平成26年8月22日
約10
DBA-BRM BRM-031370 ~ BRM-033577
平成26年3月31日 ~ 平成26年8月28日
約80
DBA-BS9 BS9-002001 ~ BS9-043067
平成26年10月2日 ~ 平成29年10月3日
約28,000
DBA-YA5 「エクシーガ」 YA5-034327 ~ YA5-034390
平成26年11月3日 ~ 平成27年4月3日
約60
DBA-YAM YAM-012729 ~ YAM-030130
平成26年4月8日 ~ 平成29年10月3日
約12,000
DBA-ZC6 「BRZ」 ZC6-014108 ~ ZC6-026974
平成26年3月21日 ~ 平成29年9月28日
約6,000
(計35型式) (計8車種) (製作期間の全体の範囲)
平成26年1月28日 ~ 平成29年10月3日
(約376,000台)
(備考)
※1 対象車の範囲及び台数には登録前に点検を実施してリコール対象外となった車両が含まれています。
※2 対象車の範囲及び台数には、継続検査を受検して保安基準の適合性が確認されたことにより、リコール対象外となる車両が含まれています。
詳しくは最寄りの販売店にお問い合わせください。
改善箇所説明図
改善箇所説明図

情報源:完成検査に関わるリコールについて – 株式会社SUBARU リコール


ふむ・・・


「スバル、9車種39万5000台をリコール…完成検査の不適切事案で」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。