Steam版「東方天空璋」を発表した上海アリス幻樂団のZUN氏インタビュー:今後の東方Projectや二次創作の展開について – 東方天空璋 ~ Hidden Star in Four Seasons.

ほぉ・・・


ローカライズ版についてのコメントも

11月12日、秋葉原UDXで「デジゲー博2017」が開催された。本イベントは同人・インディーゲームのオンリーイベントで、様々な規模の開発者が自らのゲームの販売頒布、展示を行った。今回からショーフロアはUDXの2階アキバ・スクエアに加えて、4階UDXギャラリーも追加され、展示規模は過去最高となった。

今回、IGN JAPANではUDXギャラリーで展示販売していた東方Projectで有名な上海アリス幻樂団のZUN氏にインタビューを行った。上海アリス幻樂団ではこれまでのパッケージ版の販売の他、PC-98を実機を持ち込んだ旧作のプレイアブル展示やデジゲー博向けスコアアタック版「弾幕アマノジャク ゴールドラッシュ」を展示。多くのファンが足を運んでいたが、ここでは主にSteam版としてリリースがアナウンスされた「東方天空璋 ~ Hidden Star in Four Seasons.」と今後の展開について話を伺った。

貴重なPC-98を実機のデモ!デ、デカイ!
貴重なPC-98を実機のデモ!デ、デカイ!

――まず聞きたかったのはSteam版の「東方天空璋」のリリースです。これはもともと放送でアナウンスしましたよね。

そうですね。「2軒目(から始まる)ラジオ」という番組ですね。

――Steam版が出る可能性はこれまでにもあったと思うんですが、どうしてこのタイミングになったんですか?

もともとSteamで出そうと何年も前から考えていました。以前、海外に行った時もSteamに出さないかと何回も言われました。たぶん「将来的に出ると思います」って、いつもそう答えていました。でもだいたいめんどくさくてやってなかった(笑)。だけど昔よりSteam版が出しやすくなった。昔だったら翻訳しなきゃいけなかったり、海外に法人が必要だったりしましたが、今はパッケージ版と同じものをそのまま出せるようになってきたから、こりゃ出したほうがいいかなって。

――なるほど、そうすると開発としては同人ゲームとして頒布しているバージョンと同じものですか?

なにも変わらないです(笑)。

――SteamのDRMがあるくらいだけってことですか。

それだけですね。

――今回は英語がなく日本語だけですが、英語版は検討していないんでしょうか。

そうですね。一度、やろうとしたんですが、なかなか作業時間がとれなくて、だからもう有志の人が翻訳しているものが結構あるので、そっちでいいのかなっていう。

――確かに有志の翻訳もありますよね。

そうですね。そういうパッチとかいっぱいあると思います。公式として出すかどうかはわからないけど、公式で出すとその翻訳が正しくないと呼ばれかねない(笑)。ファンの方がいいんじゃないかな(笑)。

――いや、そこはお墨付きとして出せばいいんじゃないですか(笑)。

そういうわけにいかないんですよね。結局、僕もどこかの翻訳業者に出すわけだから、その人がわかっていないと言われかねない。そう考えるとちょっとめんどくさいなーと。ニュアンスも結構、日本語じゃないと伝わらない部分ってあると思うんですよ。まあ日本語でいいのかな。シューティングゲームだし。

Steam版としてリリースがアナウンスされた「東方天空璋」だが、ローカライズの予定はないようだ。
Steam版としてリリースがアナウンスされた「東方天空璋」だが、ローカライズの予定はないようだ。

――では以前にも似たようなことを話しましたが、今は同人やインディーでも非常に幅広いプラットフォームでリリースができるようになりました。東方Projectに関しても二次創作のタイトルがSwitchやPlayStationで発売されることが決定しています。東方Project自体も他のプラットフォームでリリースする可能性はあるんですか?

今後は随時ですね。

――というと、簡単に出せそうでやる気があったらやるということで?

うーん、そうですね。だいたいそのやる気が一番問題なんですよ(笑)

――ちなみに東方ProjectのローカルルールにはZunさんがリリースしたプラットフォームでは、二次創作をリリースしても良いというものがありますが、今後、Steamで東方Projectの二次創作がリリースされる可能性はあるのでしょうか。もちろん、これはZunさんの意志によるものではないと思いますが。

たぶん出て来ると思いますよ。そういった事情もありましたよね。Steamで二次創作出したいってう問い合わせも多かったので。それはもう僕が出ていれば問題ないでしょうという流れで、出て来ると思いますよ。

――なるほど、ではあとは各サークルによりますが、出て来る可能性があるということですね。

各サークルの判断によりますね。こちらでは問題ないという形です。

「弾幕アマノジャク ゴールドラッシュ」スコアアタックの様子
「弾幕アマノジャク ゴールドラッシュ」スコアアタックの様子

――以前よりもますます東方Projectの世界が、PlayStationやSwitch、Steamなどに広がっていると思いますが、これで変わったことなどありますか?

うーん、僕自体はあんまり変わっていないですね。どちらかと言えば、周りの遊ぶ環境が変わってきたので、それに合わせて変わっていこうかなと思うくらいですね。特にPCゲームなんかは今はパッケージ版を買ってもドライブ付いていないことがあるじゃないですか。もう時代遅れかなって思いながら作ってましたし、だからプラットフォーム変えてもいいと思う。また今まで同人流通だけって言い方してましたが、同人流通っていうものがどういうものかわからなくなってきた。だから僕の整理できる範囲なら何でもいいのかなと思っています。

――ユーザー層はどうでしょうか。今でもイベントなどで直接ファンと接する機会も多いと思いますが。

もうとにかく子どもが多くなりました。デジゲー博自体はそれほど子どもはいませんが、東方のイベントになると、ほとんどわりと子ども、小中学生が多いですね。あとは親子連れ。

――二世代ファンもいますよね。

驚きです。

情報源:Steam版「東方天空璋」を発表した上海アリス幻樂団のZUN氏インタビュー:今後の東方Projectや二次創作の展開について – 東方天空璋 ~ Hidden Star in Four Seasons.



へぇ・・・