アメリカへの留学生減少傾向続く 20年前の40%程度

アメリカへの留学生減少傾向続く 20年前の40%程度 | NHKニュース

ふむ・・・


日本からアメリカに留学した人は、昨年度、およそ1万9000人と20年前の40%程度で、最も多い中国からの留学生より33万人以上少なく、減少傾向が続いていることが、アメリカの非営利組織の調査結果でわかりました。

アメリカの教育関連の非営利組織、「国際教育研究所」は、13日、昨年度、2016年度のアメリカへの留学の状況などをまとめた調査結果を発表しました。

それによりますと、アメリカには昨年度、世界各国から大学や大学院などに107万8822人が留学していて、このうち、日本からは、前の年度より1.5%減って国別で8位の1万8780人でした。
日本は1994年度から1997年度にかけては国別で1位で、ピーク時の1997年度には4万7073人いましたが、その後、減少傾向が続き、2011年度以降は2万人を割り込む状態が続いています。

一方で、中国は前の年度より6.8%増えて35万755人、インドは12.3%増えて18万6267人と、この2か国だけで全体の半分を占めています。

日本からの留学生の減少の原因について国際教育研究所は、少子高齢化や日本の就職活動の時期が留学の期間と合わないことなどを挙げていて、文部科学省がグローバル人材の育成や研究の国際化などを目的に、留学する人を増やそうと取り組む中でも、留学生が最も多いアメリカで減少傾向が続いていることが改めて明らかになりました。

情報源:アメリカへの留学生減少傾向続く 20年前の40%程度 | NHKニュース


へぇ・・・