終局後、笑みを浮かべながら、脇謙二八段(右)と感想戦を行った藤井聡太四段

<名人戦>藤井四段、順位戦6連勝

あと4戦・・・


感想戦を行う藤井聡太四段(撮影・松浦隆司)
感想戦を行う藤井聡太四段(撮影・松浦隆司)

公式戦29連勝の新記録を樹立した将棋の最年少プロ、藤井聡太四段(15)が2日、大阪市の関西将棋会館で指された76期順位戦C級2組6回戦で脇謙二・八段(57)を70手で破り、6戦全勝とし首位をキープした。公式戦通算49勝(6敗)。大台の50勝に王手をかけた。対局後、高校進学を決断した背景を語った。

進路を決定後、初の対局を白星で飾った藤井は「軽率な一手もあり、苦しい場面もあった」と振り返り、順位戦6連勝に「ここまで全勝でくることができたので残り4戦も全力を尽くしたい」と話した。順位戦C級2組は各自10局を戦い、上位3人が昇級する。

藤井は愛知県有数の進学校である中高一貫校の名古屋大学教育学部付属中学3年に通うが、高校進学か、将棋1本に専念するか迷っていた。10月25日に日本将棋連盟を通じ、来年4月に高校に進学することを発表した。

対局後、藤井は「(進路を決めても)対局に臨む上では同じ気持ちです。とくに変わったことはないです」と冷静に話した。高校進学を決めた背景として「これからの3年間で将棋が強くなることはもちろんですが、その上でいろいろなことを吸収していきたいなと思いました」。将棋とは違う世界からも貪欲に吸収したいと姿勢を持ちたいと強調した。

学業との両立により将棋に当てる時間の制約ができるが「その中で集中してやれば強くなれると思っています」とキッパリ。「かなり悩んだ? 強くなるためには、これからが一番大事な時期だったのである程度、考えました」。中学生棋士は人生の岐路での選択に多くの時間をかけたことを明かした。

情報源:藤井四段50勝王手「残り4戦も全力」順位戦6連勝 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース


史上最年少棋士・藤井聡太四段(15)が2日、大阪市内の関西将棋会館で行われた順位戦C級2組の対局で脇謙二・八段(57)を70手で下し、同クラスのトップを走る6戦全勝とした。

現在、名古屋大教育学部付属中3年で、注目されていた進路について同付属高へ進学する意向を先月25日に表明。進路表明後に報道陣の前に姿を見せたのは今対局が初めて。

来春からの高校生活について「3年間、将棋がうまくなるのは当然として、違うこともいろいろと吸収していきたい」と抱負。反面、進学で将棋に打ち込む時間が少なくなることも懸念されることについて「時間的制約はあると思うが、その中で集中してやればもちろん強くなれる」と言い切った。一方、これで進路の質問をされなくなるのでホッとする?には苦笑しながらも、安堵感を漂わせた。

この日は後手番で、相掛かりの戦型からの鮮やかな攻めで快勝。前人未踏の29連勝達成時以来となる、公式戦連勝を2ケタの大台に乗せる10(未放送のテレビ対局を除く)に伸ばした。また、今年度の勝数、勝率、連勝記録、対局数の“4冠”もキープするなど再び旋風を巻き起こしつつある。

C級2組の成績上位3人に入って来年度、同1組に昇格するためには全10対局中、悪くとも9勝1敗、できれば全勝が必要。「全勝は難しいが、そこを目指して頑張っていきたい」と力を込めた。

藤井の成績は通算49勝6敗で50勝に王手をかけた。

情報源:藤井聡太 6戦全勝トップに 順位戦C級2組 春から高校生「集中してやればもちろん強くなれる」 (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース


終局後、笑みを浮かべながら、脇謙二八段(右)と感想戦を行った藤井聡太四段
終局後、笑みを浮かべながら、脇謙二八段(右)と感想戦を行った藤井聡太四段

将棋の公式戦歴代新記録29連勝を樹立した史上最年少棋士で中学3年生の藤井聡太四段(15)が2日、大阪市福島区の関西将棋会館で「第76期C級2組順位戦」の6回戦に臨み、先手の脇謙二八段(57)を70手で破り、順位戦無敗の6連勝を決めた。公式戦通算成績は49勝6敗(テレビ未放映分除く)。

藤井四段は10月25日に名古屋大学教育学部付属高校への進学を発表。同26日に収録済みだった銀河戦が放映されているが、この日が進学発表後初めての公式戦だった。終局後、藤井四段は「対局に臨む上ではいつも同じ気持ち。特に変わったというところはありません」と平常心を強調。「軽率な一手があり、苦しくなったが、中盤からは優勢とまではいかないけど、かなり盛り返せたかな」と勝因を語った。

高校進学の決断については「これからの3年間で将棋が強くなるとともに、将棋とは違った世界でいろんなことを吸収したいと思った」と説明。勉強のため、将棋の研究に費やす時間は減るが「もちろん時間的制約はある程度はあると思いますが、その中で集中してやれれば。これからが大事な時期」と言葉をかみしめた。

順位戦は将棋の最高峰「名人」へとつながるリーグ戦。C級2組は一番下のクラスで、昨年12月にデビューしたばかりの藤井四段は、同組の棋士50人中45位。1年に10局指し、上位3人がC級1組へ昇級できるが、成績が同じならランク上位者が優位となるため、1期抜けには全勝が望まれる。

藤井四段は「ここまで全勝で来ることができたので、残り4戦、全力を尽くしたい。順位戦に参加するからには昇級を目指すのは当然。全勝はもちろん難しい事と思いますが、そこを目指して一局一局、頑張っていきたい」と意欲を見せた。

情報源:藤井四段が順位戦無傷6連勝!高校進学決断は「違う世界でいろんなことを吸収したい」 (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース


現役最年少棋士の藤井聡太四段(15)が2日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第76期名人戦順位戦C級2組の6回戦で脇謙二八段(57)を70手で降し、開幕から6連勝した。参加棋士50人が1人10局指し、上位3人がC級1組に昇級する。

情報源:<名人戦>藤井四段、順位戦6連勝(毎日新聞) – Yahoo!ニュース



10勝できるかな。