ロヒンギャ支援に各国が390億円拠出へ | NHKニュース

ふむ・・・


ロヒンギャ支援に各国が390億円拠出へ

ミャンマーで起きている戦闘の影響で、隣国に避難している少数派のイスラム教徒、ロヒンギャの人たちを支援するための会合が23日、スイスで開かれ、日本など各国が合わせて390億円余りを拠出することを表明しました。

国連によりますと、ミャンマー西部のラカイン州では、少数派のイスラム教徒であるロヒンギャの武装勢力と、政府の治安部隊との戦闘の影響で、ことし8月からこれまでに60万人を超えるロヒンギャの人たちが隣国のバングラデシュに避難したと見られています。

スイスのジュネーブでは23日、国連などが主催して、ロヒンギャの人たちを支援するための会合が開かれました。

この中で、IOM=国際移住機関のスウィング事務局長は「この2か月近くの危機は、早さや規模、範囲のどれを見ても人道上、前例のない非常事態だ」と指摘し、各国に協力を呼びかけました。

会合では、合わせて35の国や機関が日本円にして合わせて390億円余りの拠出を表明し、日本政府はことし1月から行っている緊急人道支援を18億円余りに拡大したことを明らかにしました。

国連は、ロヒンギャの人々に食料や医薬品などを提供するため、来年2月までに日本円にして490億円余りが必要だとしていて、引き続き支援を呼びかけるとともに、ミャンマー政府に対しロヒンギャの人たちが安全に帰還できるよう対応を求めています。

避難先の状況は

国連によりますと、ミャンマーの隣国、バングラデシュには、ことし8月からこれまでに60万人以上のロヒンギャの人たちが避難し、今も1日に数千人が逃れてきているということです。

多くの人たちは、簡素な木造の船で両国を隔てる川を渡っていますが、転覆事故も相次ぎ、現地の警察によりますと、これまでに200人近くが死亡したと見られるということです。

国連やバングラデシュ政府は、逃れてきた人たちが滞在するためのテントの整備を進めていますが、あまりにも多くの人たちが避難してきているため、整備が追いつかず、雨や風にさらされながら生活を送る人たちも少なくありません。

さらに食料品や医薬品も不足していることから栄養失調や下痢の症状を訴える子どもたちが相次ぎ、コレラなどの感染症の拡大も懸念されています。

情報源: ロヒンギャ支援に各国が390億円拠出へ | NHKニュース

えぇ・・・