広島駅に折り鶴モチーフの時計塔|NHK 広島のニュース

ほぉ・・・


広島駅に折り鶴モチーフの時計塔

JR広島駅の自由通路に平和都市を象徴する折り鶴をモチーフにデザインした時計塔が設置され19日、除幕式が行われました。

時計塔はJR広島駅の自由通路が今月29日から全面的に利用できるようになるのを前に、女性のボランティア団体、「国際ソロプチミスト広島」が寄贈しました。

19日は団体のほか、JRや広島市の関係者らおよそ40人が出席して除幕式が行われました。

この中で、団体の上野早苗会長は、「時計塔が駅を行き交う人に愛され広島の新たなシンボルになることを願っています」とあいさつしました。

続いて、関係者が時計塔を覆う幕を取り除いて設置を祝いました。

時計塔は、高さ5.8メートルのステンレス製で、平和都市・広島を象徴する折り鶴をモチーフにデザインしたということです。

広島市南区の胡麻田泰江区長は「広島の玄関口に設置されたこの時計塔を多くの観光客らに見てもらい市民の平和への願いを感じてほしい」と話していました。

情報源: 広島駅に折り鶴モチーフの時計塔|NHK 広島のニュース

へぇ・・・