「Google Chrome 62」が正式版に ~HTTP接続のフォームはすべて“非セキュア”扱いへ/メディアストリームキャプチャーや可変フォントに対応。35件の脆弱性修正も

HTTPSにしないとダメか・・・


メディアストリームキャプチャーや可変フォントに対応。35件の脆弱性修正も

「Google Chrome」v62.0.3202.62
「Google Chrome」v62.0.3202.62

米Google Inc.は17日(現地時間)、Webブラウザー「Google Chrome」の最新安定版v62.0.3202.62を公開した。Windows/Mac/Linuxに対応するフリーソフトで、現在同社のWebサイトからダウンロード可能。Windows版は64bit版を含むWindows 7/8/8.1/10に対応する。

「Google Chrome 62」における変更は、開発者向けの改善がメイン。たとえばネットワークのタイプや転送速度を知るための“Network Information API”が拡張され、理論値だけでなく実測値を取得できるようになった。また、“video”や“audio”といったメディア要素でメディアストリームのキャプチャーをサポート。ストリーミングされたコンテンツを加工したり、保存できるようになっている。さらに、OpenType可変フォントがサポートされたのも注目すべき改善点。わざわざスタイルごとに複数のフォントを用意しなくても、単一のフォントファイルをベースにCSSでさまざまなスタイルを表現できるようになる。

単一のフォントファイルをベースにCSSでさまざまなスタイルを表現できるOpenType可変フォント
単一のフォントファイルをベースにCSSでさまざまなスタイルを表現できるOpenType可変フォント

一般ユーザーに関わる変更としては、HTTPサイトを“安全でない”サイトとして扱う方針が強化された点に注目だ。これまで“非セキュア”とみなされてこなかったパスワードやクレジットカード情報を扱わないHTTPサイトであってもアドレスバーに警告ラベルが表示されるようになる。また、シークレットモードではすべてのHTTPページが非セキュアとみなされ警告ラベルが表示されるようになる。

「Google Chrome 62」ではHTTPページへのデータ入力を行うとアドレスバーに警告ラベルが表示されるようになる
「Google Chrome 62」ではHTTPページへのデータ入力を行うとアドレスバーに警告ラベルが表示されるようになる

なお、本バージョンでは35件の脆弱性修正も行われているので注意。

修正された脆弱性の深刻度の内訳は、同社の基準で4段階中上から2番目の“High”が8件、上から3番目の“Medium”が7件、最低の“Low”が5件など。「Google Chrome」は自動更新機能を備えているが、長期間起動したままで利用している場合や、アップデートを自分で管理している場合は、最新版への更新を怠らないようにしたい。

関連リンク

情報源: 「Google Chrome 62」が正式版に ~HTTP接続のフォームはすべて“非セキュア”扱いへ/メディアストリームキャプチャーや可変フォントに対応。35件の脆弱性修正も

ハァ・・・