【海外発!Breaking News】支配欲の強い妻にうんざりし、5年間森の中で暮らした男性(英) | Techinsight

ほぉ・・・


5年間森の中で暮らした男性、今の心境は?(画像は『Mirror 2017年10月11日付「Man got so fed up with his wife's ‘nagging’ he went to live in the woods for FIVE years」(Image: Surrey Comet/SWNS)』のスクリーンショット)
5年間森の中で暮らした男性、今の心境は?(画像は『Mirror 2017年10月11日付「Man got so fed up with his wife’s ‘nagging’ he went to live in the woods for FIVE years」(Image: Surrey Comet/SWNS)』のスクリーンショット)

生涯の伴侶となるべき相手と結婚したかと思いきや、わずか3年で妻の支配欲にうんざりしてしまった男性。家族の誰にも告げずにひっそりと去り5年もの間、人気のない森の中でテント生活をしていたという。その後ホームレス支援施設に移り、現在は2度目の人生を楽しんでいる男性のニュースをThe Sun』『Mirrorなどが伝えた。

今から10年前、英ハンプシャー州ファーンボロで暮らしていたマルコム・アップルゲートさん(62歳)は、結婚して3年になる妻に愛想を尽かした。

マルコムさんは25年間、地元で庭師として活躍していたが、仕事が増え家を空ける時間が多くなると、妻が怒り「仕事量を減らせ」と支配欲を見せるようになりうんざりしてしまった。

「もうこれ以上、妻とはやっていけない」―そう思ったマルコムさんは、妻はおろか自分の身内にも何も言わずに荷物をまとめて家を出た。はじめは自転車で“逃亡”していたが、途中オックスフォードで自転車に鍵をかけるのを忘れてしまい盗まれてからは、およそ3週間かけて徒歩でロンドンを目指した。

そうしてマルコムさんが辿り着いたのは、ロンドン南西部キングストンだった。市内にあるコミュニティーセンターで高齢者のためのガーデニングの仕事を見つけ、夜は近くにある森の中でテントを張り5年間も生活した。マルコムさんは当時のことをこのように振り返っている。

「キャンプ生活をしていたのは私の他に2人いました。でも森の奥深くまでやって来る人はおらず、誰も人が住んでいるなんて気付かなかったと思います。コミュニティーセンターで仕事をしていたので、そこでシャワーを浴びることもできたしそれなりに楽しんでいました。でもある日、(ロンドン南部グリニッチにある)ホームレス支援施設“Emmaus”を仲間から紹介され、早速面接に向かったのです。すぐにキャンプ生活をやめてその施設に移りました。」

現在も同じ施設で幸せに暮らしているマルコムさんは、妻のもとを去った理由をこう語る。

「妻は私が仕事を入れれば入れるほど、機嫌が悪くなり怒るようになりました。結婚して3年しか経っていませんでしたが私の手に負えなくなり、うんざりしてしまったのです。私はファーンボロでの庭師の仕事が本当に好きでした。今でもガーデニングは好きです。テント暮らしは楽しかったのですが、この施設で暮らすようになって第2の人生を与えられた気がします。」

マルコムさんはこっそりと身を消したことによって、この10年間自分の姉とも連絡を途絶えていた。しかし施設での暮らしが落ち着いた頃、姉に手紙を出すとすぐに連絡があったという。

「姉はこの10年間、私を捜していたようです。なにしろ私はその間、行方不明者になっていたのですから。亡くなった可能性が高いとも思っていたようです。でも私からの連絡を受けて涙を流して喜んでいました。今では姉と再会もできましたし、以前のように交流していますよ。」

マルコムさんは姉に連絡すると同時に、実は妻にも「自分は死んでいない」と連絡をしている。しかし妻がどのような対応をしたのかは明らかになっていない。現在のマルコムさんは不規則ではあるが、店で働いたりバンを運転したりと施設から紹介される仕事をしており、空いている時間は住んでいる地域のホームレス支援をしている慈善団体のために寄付金を集める目的でウォーキングをしているという。

「最近はロンドン中をウォーキングして慈善団体“Street Souls”のために300ポンド(約44,000円)集めましたよ。60代にしてはなかなかのものだと思っています。今暮らしている“Emmaus”には感謝しているし、もっとこの施設への寄付が集まればいいなと思います。今はその日暮らしの生活ですが、働ける限りはどんな仕事でもしようと思っています。ここの部屋は居心地がいいし、やり直すことができたこの第2の人生が私は大好きです。」

妻に愛想を尽かした果ての夫の行動としては極端ともいえないことはないが、今のマルコムさんは実に幸せそうだ。このニュースを知った人々からは「自分の好きなことを止めろというような結婚相手と一緒にいられるわけないよ。彼は正しいことをした」「それにしても10年も行方不明になっていた間、身内は必死で捜していたんでしょう? なんで姉には話さなかったの。酷いと思う」「オックスフォードからロンドンまでなぜ歩いて行ったんだろう。電車やバスがあるだろうに。ほぼ全てを置いて身ひとつで出て行ったんだろうか」「黙って去るより、妻にはもう終わりだとはっきり告げるべきじゃなかったのかな」といった声があがっている。

画像は『Mirror 2017年10月11日付「Man got so fed up with his wife’s ‘nagging’ he went to live in the woods for FIVE years」(Image: Surrey Comet/SWNS)』のスクリーンショット

情報源:【海外発!Breaking News】支配欲の強い妻にうんざりし、5年間森の中で暮らした男性(英) | Techinsight

へぇ・・・