5回降雨コールドで勝利し、ファンに手を振って応えるナイン=マツダスタジアム(撮影・田中太一)

カープ 5回コールドでファイナルステージ2勝

コールドだけど、勝ちは勝ち。


先制2点適時打を放った広島・田中の打席詳細
先制2点適時打を放った広島・田中の打席詳細

広島がアドバンテージ含めて2勝

18日にマツダスタジアムで行われた広島とDeNAのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第1戦は5回終了時点で悪天候で中止となった。この時点ですでに試合は成立しており、広島が3-0で勝利。アドバンテージと合わせ2勝0敗とした。

この日は広島・薮田、DeNA・石田両投手が先発。4回まで0-0の展開が続いたが、5回、広島が田中、菊池のタイムリーなどで3点を奪取。その後、雨が激しくなり、5回を終了した時点で試合は中断となった。

そのまま試合は終了。この時点で試合は成立しており、降雨コールドゲームで広島が勝利した。

情報源:広島、5回降雨コールドでDeNAに先勝 アドバンテージ含めて2勝 (Full-Count) – Yahoo!ニュース


5回広島2死満塁、田中が中前に先制の2点打を放つ=マツダ
5回広島2死満塁、田中が中前に先制の2点打を放つ=マツダ

セCSファイナルステージ第1戦
○ 広島 3x - 0 DeNA ●
<10月18日 マツダスタジアム>

広島とDeNAによるCSファイナルステージが開幕。初戦は広島が5回降雨コールドで勝利し、1勝のアドバンテージを含め2勝0敗とした。

広島は4回まで、DeNA先発・石田の前に無安打。それでも0-0の5回、先頭の5番バティスタが四球で出塁すると、続く新井が初安打となる左前打を放った。

その後、送りバントと敬遠で一死満塁の好機。先発投手の9番薮田は空振り三振に倒れたが、二死満塁から1番田中が2点適時打を中前へ運び、ついに試合の均衡を破った。さらに2番菊池の打球はボテボテの遊ゴロとなり、一塁へヘッドスライディング。これが適時内野安打となり、3-0とリードを広げた。

投げては初戦の大役を託された先発・薮田が好投。3回は連打を浴び一死一、二塁のピンチを背負ったが、1番桑原を遊ゴロ併殺。3回以外はDeNA打線に安打を許さず、5回を2安打2奪三振無失点に抑えた。

試合は雨脚が強まった5回終了後に中断。その後も雨は降り続き、コンディション回復の見込みが立たなかったため、20時13分にコールドゲームが宣告された。

情報源:広島、5回降雨コールドで先勝! 薮田が好投、タナキクは連続適時打 (ベースボールキング) – Yahoo!ニュース


5回2死満塁、広島・田中は中前適時打を放つ
5回2死満塁、広島・田中は中前適時打を放つ

◇セCSファイナルステージ第1戦 広島3―0DeNA(2017年10月18日 マツダ)

セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージは18日、マツダスタジアムで第1戦が行われ、広島が5回に田中の2点適時打と菊池の適時内野安打で3点を先制。3―0とリードして5回裏を終えると、雨足が強くなったため直後に試合は中断。そのまま雨天コールドとなり、ファイナルステージ2勝目(レギュラーシーズン1位のアドバンテージ1勝を含む)を挙げた。

先発の薮田は立ち上がりから上々の投球。5回までDeNA打線を2安打に抑えた。対するDeNA先発の石田も4回まで広島打線を無安打に抑える投球を見せ、0―0のこう着状態のまま試合は中盤まで進んだ。

試合が動いたのは5回裏。先頭のバティスタが四球で出塁すると、続く新井が左翼へチーム初安打。その後2死満塁となり、田中が均衡を破る中前2点適時打を放った。

さらに2死二、三塁から菊池の適時内野安打で、もう1点を追加。3―0とリードを広げてこの回の攻撃を終えると、試合開始当初から降っていた雨が強くなり試合が中断。30分以上の中断の後、雨天コールドゲームが宣告された。

DeNAは石田が4回まで無安打投球も、5回に広島打線につかまり3失点。直後に雨天コールドとなる不運に泣いた。

情報源:広島、雨天コールドでCSファイナル開幕戦制す!田中が決勝2点適時打 (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース


5回、先制2点打と相手エラーで二塁へ進塁しガッツポーズの広島・田中。大きな先制点となった=マツダスタジアム(撮影・山田喜貴)(写真:サンケイスポーツ)
5回、先制2点打と相手エラーで二塁へ進塁しガッツポーズの広島・田中。大きな先制点となった=マツダスタジアム(撮影・山田喜貴)(写真:サンケイスポーツ)

(セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第1戦、広島3-0DeNA=五回降雨コールド、18日、マツダ)広島(セ1位)がDeNA(セ3位)に3-0で五回降雨コールド勝ち。広島は0-0の五回に3点を奪うと、六回に入る前に雨脚が強くなり、中断。天候は回復せずに降雨コールドとなった。広島はアドバンテージの1勝を含め2勝0敗とした。

雨が強くなる。広島は五回二死満塁、1番・田中が左腕・石田から中前に先制の2点打を放った。中堅手・桑原の悪送球の間に一走は三進。田中は二塁へ到達した。この後、菊池は遊撃適時内野安打を放ち、1点を追加。3-0として五回終え、試合を成立させた。先発・薮田が5回2安打無失点で勝ち投手。

情報源:広島が五回降雨コールド勝ち 3点奪った直後に中断で再開できず (サンケイスポーツ) – Yahoo!ニュース


好投した広島・薮田
好投した広島・薮田

セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージは18日、マツダスタジアムで開幕し、リーグ覇者・広島が5回裏終了、降雨コールドにより3―0でDeNAを下し、対戦成績を2勝(アドバンテージを含む)とした。広島の先発・薮田は5回2安打無失点、1四球、2奪三振と好投し、完投勝利をマークした。

リーグ2連覇を果たした広島と、レギュラーシーズン3位からCSファーストステージを勝ち上がったDeNAの雨中の激突となった。広島は4回までDeNA先発・石田に無安打に抑えられていたが、雨脚が強くなった5回二死満塁から、1番・田中の中前2点適時打で先制。続く菊池の遊ゴロはぬかるんだ芝で打球の勢いが弱まって内野安打となり、もう1点を追加した。

5回終了時に雨はさらに強くなり、試合は中断。その後も雨はいっこうにやまず、水がたまったグラウンドも回復が見込めず、午後8時15分、ついにコールドゲームが宣告された。

雨といえば、15日の阪神とDeNAによるファーストステージ第2戦(甲子園)で、まるで田んぼのようなグラウンド状況の中、試合を強行して物議を醸した。

情報源:【セCS】広島が降雨コールドで先勝 雨強まり強行せず (東スポWeb) – Yahoo!ニュース


5回2死二、三塁、内野適時打を放った菊池(カメラ・石田 順平)
5回2死二、三塁、内野適時打を放った菊池(カメラ・石田 順平)

◆セ・クライマックスシリーズ最終S第1戦 広島3―0DeNA=5回降雨コールド=(18日・マツダスタジアム)

広島が5回降雨コールドでDeNAを下し、先勝。アドバンテージの1勝を含み2勝0敗とした。

両軍無得点の5回2死満塁で田中の中前2点タイムリーで先制すると、続く菊池が遊撃へのタイムリー内野安打で続き加点した。

5回終了時に雨あしが強くなり中断。30分以上中断したが回復が見込めないと判断し、5回降雨コールドゲームとなった。

先発・薮田は5回を2安打無失点の好投。DeNAは3回1死一、二塁の好機に桑原が遊ゴロ併殺打に倒れるなど主導権を握れなかった。

情報源:【セCS】広島が先勝!5回に3点先制、直後に中断→5回終了降雨コールドゲーム  (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース


<セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ:広島3-0DeNA>◇第1戦◇18日◇マツダスタジアム

CS男健在だ。広島田中広輔内野手(28)が決勝打を放った。

同点の5回。2死満塁で田中はカウント2-2から浮いたチェンジアップをたたいて、中堅前にはじき返した。三塁走者に続き、中堅からの返球が大きくそれる間に二塁走者が生還。昨年のCSファイナルステージでMVPを受賞した田中が試合の均衡を破った。

さらに2死二、三塁から菊池涼介内野手(27)がヘッドスライディングで遊撃への内野安打をもぎ取り、1点を追加した。

5回裏の攻撃が終わった直後、降雨のため、試合は中断。その後、5回降雨コールドが決定。広島はアドバンテージ1勝を含め、2勝0敗とした。

情報源:CS男健在!広島田中広輔が雨中の決勝2点適時打 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース


6回を前に降雨コールド試合を告げる審判団=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)
6回を前に降雨コールド試合を告げる審判団=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)

「セCSファイナルS・第1戦、広島3-0DeNA」(18日、マツダスタジアム)

審判団にとってつらい判断だった。広島が五回に3点を先制した直後に雨脚が強まり約35分の中断後、5回降雨コールドゲームが宣告された。

6人の審判団が雨の中、何度も協議した。関係者と天候を確認しながら、約35分の中断後にゲームセットを告げた。責任審判でもあり、ゲームセットを告げた佐々木球審は「とにかくできるように最善を尽くしてやった。今後の予報や天気(の回復)が見込めない。総合的に決めました」と試合続行不可能と判断したことを説明した。

ペナントレースなら当然の判断。しかし、15日のCSファーストS・阪神-DeNA戦(甲子園)は、泥沼のようにぬかるんだグラウンドの中で九回まで試合を続行しただけに、審判団にとって苦渋の決断となった。「九回までやりきるつもりでいましたが」と言った佐々木球審は、甲子園の一戦に触れられると「それはそれ。今日は広島なので関係ないです」ときっぱり言い切った。

ルール上は問題のない判断。そして五回までに先制点を挙げた広島は天まで味方につけた。15日の一戦がノーゲームや引き分けにならなかったためファイナルSに駒を進めたDeNA。この日は天を味方につけることができなかった。

広島は開幕戦で勝ち、アドバンテージを含め2勝とした。あと2勝すれば日本シリーズ進出が決まる。

情報源:審判団苦渋の決断 甲子園で続行も「今日は広島なので」 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース


<セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ:広島3-0DeNA>◇第1戦◇18日◇ヤフオクドーム

プロ野球はクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)が、セ、パ両リーグともに開幕した。

セはリーグ2連覇した広島が2年連続でレギュラーシーズン3位から勝ち上がったDeNAとマツダスタジアムで第1戦で対戦し3-0で先勝。リーグ優勝チームには1勝のアドバンテージが与えられおり、広島は2勝となった。

広島薮田、DeNA石田の両先発の投手戦で4回まで両チーム無得点。先手を取ったのは広島だった。5回2死満塁から1番田中が中前に2点適時打を放ち先制、続く2番菊池も遊撃への適時内野安打で3点を奪った。

試合開始から雨の中での試合だった。試合が成立した5回終了時点でグラウンド整備に入ったが、雨脚が強まり中断となった。30分以上待ったが、雨脚はやまず、審判が5回降雨コールドゲームを宣言。ベンチ内の広島ナインはハイタッチで喜んだ。緒方監督もいったんグラウンドに出て帽子を取ってファンの歓声に応えた。

アドバンテージを含めて先に4勝したチームが28日開幕の日本シリーズに進出する。

情報源:広島、DeNAに先勝!5回降雨コールドで2勝目 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース


5回降雨コールドで勝利し、ファンに手を振って応えるナイン=マツダスタジアム(撮影・田中太一)
5回降雨コールドで勝利し、ファンに手を振って応えるナイン=マツダスタジアム(撮影・田中太一)

「セCSファイナルS・第1戦、広島3-0DeNA」(18日、マツダスタジアム)

広島が天も味方につけ、五回コールドゲームで白星発進。優勝チームのアドバンテージを含め2勝0敗とした。

DeNA石田に四回まで無安打に抑えられていた広島は、五回の攻撃前に円陣を組んだ。この回先頭のバティスタが四球を選び、新井がチーム初安打となる左前打で続いた。犠打と四球で1死満塁。薮田が空振り三振に倒れたが、田中が中前に先制の2点適時打。続く菊池も遊撃へ適時内野安打を放ち1点を加えた。

先発薮田は5回2安打無失点の好投でCS初登板初白星を挙げた。

雨天の中で薮田、石田の両投手が四回まで好投。試合が動いた五回終了直後に中断となった。雨が降る中で審判団が協議を重ねたが、約35分の中断を経て天候は回復せず五回コールドゲームとなった。

DeNAはCSファーストS・第2戦の15日、甲子園で“泥沼”となったグラウンドで九回まで戦い勝利を収め、17日の第3戦に勝ってファイナルSに駒を進めていた。

広島にとっては先制点を挙げ、試合成立直後の中断、コールドゲームと幸運な運びとなった。

情報源:広島 五回降雨コールドゲームで初戦制す 先制直後に中断→試合終了 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース


「セCSファイナルS・第1戦、広島-DeNA」(18日、マツダスタジアム)

試合が成立した五回終了直後に中断に入った。

試合開始から雨が降っていたが徐々に雨脚が強まった。その中で広島・薮田、DeNA・石田の両先発の好投で四回まで0-0の投手戦となった。

均衡を破ったのは四回まで無安打無得点の広島。五回に2死満塁から田中の2点適時打、菊池の遊撃適時内野安打で3点を奪った。

五回が終了し、グラウンド整備に入ったが、雨脚が強まりマウンド、ホームにシートがかけられ中断に入った。すでに試合は成立している。

CSファーストステージ第2戦は“泥沼”の甲子園でDeNAが勝利。第3戦に勝ってファイナルSに駒を進めていた。

情報源:広島3点先制直後に雨天のため中断 試合は成立 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース


五回広島2死満塁、田中に先制の2点打を許したDeNA・石田。左は三走バティスタ=共同
五回広島2死満塁、田中に先制の2点打を許したDeNA・石田。左は三走バティスタ=共同

○広島3-0DeNA●(五回終了降雨コールド・18日、マツダスタジアム

五回終了時点で、広島が降雨コールド勝ち。0-0で迎えた五回に田中、菊池の連続適時打で計3点をもぎ取った。先発の薮田は直球に力があり、5回を2安打無失点と好投。DeNAは四回まで無安打投球だった石田が、五回に突然崩れた。

情報源:<プロ野球CS>広島が降雨コールド勝ち 五回に連続適時打 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース


5回、先制打を放つ田中
5回、先制打を放つ田中

「セCSファイナルS・第1戦、広島-DeNA」(18日、マツダスタジアム)

広島が五回に0-0の均衡を破った。

DeNA石田に四回まで無安打に抑えられていた広島は、五回の攻撃前に円陣を組んだ。この回先頭のバティスタがストレートの四球を選び、「6番一塁」で先発出場していた新井がカウント2-2から2球ファウルで粘り7球目の変化球を左前に運ぶチーム初安打で続いた。西川が送りバントを決め1死二、三塁。会沢が四球で歩き満塁とした。

薮田は空振りの三振で2死となり、田中が中前に2点適時打を放った。「打ったのはフォーク。やぶ(先発の薮田)が頑張っていたので、タイムリーになってよかったです」と胸を張った。

なおも二、三塁から菊池の遊撃適時内野安打で1点を加えた。「打ったのはチェンジアップ。とにかく必死に走りました」と、一塁へのヘッドスライディングでセーフの判定を勝ち取った。シーズン中もチームをけん引し続けた1、2番コンビ。この日も2人が四回まで無安打だった重苦しい空気を振り払った。

CSで著しい活躍を見せる田中。今年と同じDeNAを相手にした昨年のCSファイナルSでは打率・833、出塁率・882の活躍。得点には結びつかなかったが、この日の初回にも四球で出塁するなど切り込み隊長としての役割を担った。

先発の薮田は、雨が降る悪コンデジションの中で五回まで2安打無失点の好投。五回終了後、マウンドとホームにシートがかけられ、雨天のため中断となっている。

情報源:広島、円陣効果で五回に3点先制 田中&菊池適時打 四回までノーノー石田攻略 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース


5回2死満塁、田中が中前に先制の2点適時打を放つ(カメラ・二川 雅年)
5回2死満塁、田中が中前に先制の2点適時打を放つ(カメラ・二川 雅年)

◆セ・クライマックスシリーズ最終S第1戦 広島―DeNA(18日・マツダスタジアム)

広島が5回に均衡を破った。

4回まで無安打に抑えられていたDeNAの先発・石田から、先頭のバティスタが四球を選ぶと、新井がチーム初安打となる左前安打で続いた。西川が投前犠打を決め、1死二、三塁とすると、DeNAバッテリーは会沢を歩かせ満塁策をとった。

薮田は空振り三振に倒れたが、田中がしぶとく中前に運び2者が生還すると、二、三塁から続く菊池が遊撃へぼてぼての当たりで一塁にヘッドスライディング。内野安打となり三塁走者が生還、3点目を挙げた。

5回裏終了時に雨が強くなり中断している。

情報源:【セCS】広島が先制!5回、田中が2点タイムリー、菊池の適時内野安打で3点! (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース


(セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第1戦、広島3-0DeNA=五回降雨コールド、広島2勝、18日、マツダ)広島(セ1位)がDeNA(セ3位)に3-0で五回降雨コールド勝ち。0-0の五回に3点を奪うと、六回に入る前に雨脚が強くなり、中断。天候は回復せずに降雨コールドとなった。広島はアドバンテージの1勝を含め2勝0敗とした。

雨が強くなる。広島は五回二死満塁、1番・田中が左腕・石田から中前に先制の2点打を放った。中堅手・桑原の悪送球の間に一走は三進。田中は二塁へ到達した。この後、菊池は遊撃適時内野安打を放ち、1点を追加。3-0として五回終え、試合を成立させた。先発・薮田が5回2安打無失点で勝ち投手。

情報源:広島が五回降雨コールド勝ち 3点奪った直後に中断で再開できず – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)


プロ野球のクライマックスシリーズファイナルステージ、セ・リーグの第1戦、カープ対DeNAの試合は5回降雨コールドゲームとなりカープが3対0で勝ちました。

ファイナルステージではリーグ優勝したカープに1勝のアドバンテージが与えられていてこれで対戦成績はカープの2勝となりました。

情報源:カープ ファイナルステージ2勝|NHK 広島のニュース


5回裏フル


運が良かったな。