【衆院選】小泉純一郎元首相、希望の党への参加、協力を否定 「新党には関わらない」(1/2ページ) – 産経ニュース

75歳か・・・


小泉純一郎元首相は27日午後、小池百合子東京都知事が代表を務める新党「希望の党」が掲げる「原発ゼロ」を評価した。都内で記者団の質問に答えた。ただ、「新党には関わらない」「選挙には関わらない」と語り、希望の党を支援する考えがないと明言した。自身の衆院選出馬の可能性も否定した。記者団との主なやり取りは次の通り。

–希望の党に参加、協力する考えはあるか

小泉氏「私は『原発ゼロ』推進のためにやってるんだから。新党には関わらない」

–小池氏から応援演説の要請を受けたらどうするか

小泉氏「それはしない。講演はするけど、選挙には関わらない」

–次期衆院選への出馬もない?

小泉氏「私が? お受けするわけないでしょ。もう政界引退したんだから」

–(昨年7月の)東京都知事選から今回の国政新党代表就任までの小池氏の動きはどのように映っているか

小泉氏「度胸がいいというか、たくましいというか。たいしたもんだよ」

–小池氏は何を見据えていると思うか

小泉氏「みんな想定外のことやっているから、分からない」

–小池氏にアドバイスしたとか?

小泉氏「知事の任期は勤め上げた方がいいと言っている」

–(10月10日公示の衆院選で)希望の党は神奈川県の全選挙区での候補者擁立を検討している。小泉氏の次男、進次郎衆院議員=神奈川11区=と対決することになるが

小泉氏「それは、希望の党の自由だから」

–自民党と希望の党とどちらを応援する?

小泉氏「私は進次郎に投票するに決まっているじゃないか」

–「衆院解散に大義がない」と言ったことが、小池氏への援護射撃になるのでは

小泉氏「どう捉えるかは自由だから」

–希望の党が「原発ゼロ」を公約に掲げている。支持するのか

小泉氏「『原発ゼロ』を争点にすべきだと私が言っているんだから、それをどうとるかだね。ほとんど違いがないじゃない。そうなると大きな争点になる」

–講演などで希望の党への支援を呼びかけることもしない?

小泉氏「選挙には私は関わらない」

–小池さんが「原発ゼロ」を掲げても応援しないということか

小泉氏「選挙には関わらない」

–都庁での小池会談ではどんな話を

小泉氏「『原発ゼロ』をよく公約に掲げたな。いいことだ、頑張れ。と言った」

–誰かを紹介したり、間接的に応援したりは?

小泉氏「そういうこともしない」

情報源: 【衆院選】小泉純一郎元首相、希望の党への参加、協力を否定 「新党には関わらない」(1/2ページ) – 産経ニュース

政界からは引退したというが・・・