スポーツカーばかり狙い、車20台盗む ブラジル国籍の男:イザ!

うへぇ・・・


押収された車両(栃木県警提供)
押収された車両(栃木県警提供)

栃木、群馬、埼玉県警は27日、窃盗容疑で逮捕されたブラジル国籍の男がスポーツカーなどを狙った盗みを20件繰り返していたことを確認したとして、窃盗容疑で宇都宮地検足利支部に追送検した。栃木県警によると、男は群馬県伊勢崎市長沼町、自動車修理販売業、ダ・シルバ・プロエンサ・ガブリエル・エベネゼル被告(22)。7月5日に窃盗容疑で逮捕、8月に同罪で起訴されている。

栃木県警捜査3課によると、被告は仲間と共謀し、昨年9月中旬ごろ~今年1月下旬ごろ、栃木、群馬、埼玉県で、住宅やアパートの駐車場に止めてあったスポーツタイプの乗用車など20台を盗んだとしており、被害総額は2380万円相当に上るという。被告は「生活費や遊興費目的で車を盗んだ」と供述、容疑を認めている。同課は共犯者がいるとみて調べている。

情報源: スポーツカーばかり狙い、車20台盗む ブラジル国籍の男:イザ!

盗難車両だとわかったうえで買ってるやつらがいるって事だよな。