ヤマト:残業代未払い 労組との団交に会社側「応じる」

ふむ・・・


労働組合「ブラック企業ユニオン」が申し入れ
残業代の未払い問題が発覚し、働き方改革を始めている宅配最大手のヤマト運輸に対し、労働組合「ブラック企業ユニオン」は18日、「(3月の)改革開始後も長時間残業が続いている」として、団体交渉を申し入れた。同社は「応じる」と回答した。

兵庫県内の営業所に正社員として勤務する40歳代の男性ドライバーが同日、都内でユニオンと記者会見。お中元で繁忙期だった7月16日から1カ月間の残業が計約81時間だったと明かし、「休憩が十分に取れず、昼食も食べずに働いている」と訴えた。

同社は6月、時間指定配達の最も遅い指定区分だった「午後8~9時」を「午後7~9時」の2時間に拡大し、最後の1時間に配達指定が集中しないようにした。しかし、男性は「拘束時間の長さは変わらず、退勤は午後10時」と指摘した。

ヤマト運輸の残業代を巡っては、親会社のヤマトホールディングスが約5万9000人を対象に、直近2年分の未払い分として総額約240億円を支払うとしている。会見した男性は453時間分の約73万円を受け取ったが、「上司に『休憩を十分に取れないのは君の能力、努力が足りないから』と言われ、1年分しか請求しなかった」と明かした。

ヤマト運輸広報戦略部は取材に「(団交に)誠実に対応していきたい」と話した。【早川健人】

情報源: ヤマト:残業代未払い 労組との団交に会社側「応じる」

へぇ・・・