マジンガーZ:新作劇場版の追加キャストに上坂すみれ、花江夏樹ら Dr.ヘルに石塚運昇

へぇ・・・


劇場版アニメ「劇場版マジンガーZ」(仮題)に出演する上坂すみれさん(上段左)ら声優陣(C)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会
劇場版アニメ「劇場版マジンガーZ」(仮題)に出演する上坂すみれさん(上段左)ら声優陣(C)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会

1970年代を中心に人気を集めたロボットアニメ「マジンガーZ」の新作劇場版アニメ「劇場版マジンガーZ(仮題)」(志水淳児監督、2018年1月13日公開)に、声優として上坂すみれさん、花江夏樹さん、石塚運昇さんが出演することが19日、明らかになった。上坂さんは物語の鍵を握る謎の美少女・リサ、花江さんは主人公・兜甲児(かぶと・こうじ)の弟で、若き天才パイロットとして活躍する兜シロー、石塚さんは世界征服をもくろむ悪の天才科学者・Dr.ヘルをそれぞれ演じる。

また、高木渉さんが頼れる兄貴・ボス、山口勝平さんがボスの子分その1・ムチャ、菊池正美さんが子分その2・ヌケ、森田順平さんがヒロイン・弓さやかの父である弓首相、島田敏さんが超スローな科学者・のっそり博士、塩屋浩三さんが研究大好きな科学者・せわし博士をそれぞれ演じることも分かった。

また、今回の追加キャストを紹介する映像も公開された。映像では、上坂さんが声を演じるリサが「通称リサです。よろしくお願いします」と自己紹介したり、花江さん演じるシローが「3番隊、気合入れて行くぞ!」とかけ声を上げたりするシーンなどを収録。せりふと共に各キャラクターの劇中シーンが映し出され、配役を紹介している。

「マジンガーZ」は、地球の平和を守るため、主人公・兜甲児がロボットを操り、世界征服をたくらむ悪の天才科学者Dr.ヘルが作り出した機械獣軍団と戦う……というストーリー。永井豪さんのマンガが72年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載開始。テレビアニメは72~74年に放送された。水木一郎さんの歌う主題歌、超合金などのキャラクター玩具なども人気を集めた。

同作の劇場版アニメは、74年公開の「マジンガーZ対暗黒大将軍」以来で、過去のテレビアニメ版などと同じ東映アニメーション(旧東映動画)が製作する。森久保祥太郎さんが主人公・兜甲児、茅野愛衣さんがヒロイン・弓さやかをそれぞれ演じる。

情報源:マジンガーZ:新作劇場版の追加キャストに上坂すみれ、花江夏樹ら Dr.ヘルに石塚運昇 – MANTANWEB(まんたんウェブ)


『劇場版マジンガーZ』(仮題)は2018年1月13日の公開を予定している。今回は新たに追加キャスト発表映像が公開された。謎の美少女・リサ役の上坂すみれをはじめ、人気声優陣が揃っている。

『劇場版マジンガーZ』はTVシリーズから10年後を舞台にしており、主人公・兜甲児は研究者に、ヒロイン・弓さやかは光子力研究所の新所長となっている。甲児役に森久保祥太郎、さやか役に茅野愛衣の起用は発表されていたが、新規映像では追加キャスト9名が明らかになった。
物語の鍵を握る美少女のリサ役は『異世界食堂』の上坂すみれが担当。兜甲児の実弟で、若き天才パイロットとして活躍する兜シロー役は『Fate/Apocrypha』の花江夏樹が務める。さらに頼れる兄貴・ボス役に高木渉、ボスの子分その1・ムチャ役に山口勝平、ボスの子分その2・ヌケ役に菊池正美が起用された。

弓さやかの父・弓教授は日本を率いる弓首相として登場。キャストは森田順平が務める。光子力研究所ののっそり博士役は島田敏、せわし博士役は塩屋浩三、そして世界征服を目論む悪の天才科学者Dr.ヘル役は石塚運昇が演じる。
キャラクター特別映像では、セリフとともに各キャラクターの劇中シーンが映し出されている。10年が経過してキャラのビジュアルにも変化が生じているようだ。搭乗型巨大ロボットアニメの礎を築いた本作がどのように生まれ変わるのか。ファンの期待を煽る仕上がりとなった。

なお劇場公開に先駆けて、クラウドファンディング「僕らの夢、みんなで創ろう 超巨大マジンガーZ プロジェクト!」も実施中。マジンガーZのバルーン像を制作するプロジェクトで、参加者には様々なリターンが用意されている。詳細はプロジェクトページを確認してほしい。

『劇場版マジンガーZ』(仮題)
2018年1月13日(土)全国ロードショー

(c)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会

情報源:「劇場版マジンガーZ」上坂すみれ、花江夏樹ら追加キャスト9名発表 | アニメ!アニメ!


ふむ・・・