日本版GPS衛星「みちびき」3号機 午後打ち上げへ | NHKニュース

ふむ・・・


日本版GPS衛星「みちびき」3号機 午後打ち上げへ

打ち上げが延期されていた日本版GPS衛星「みちびき」の3号機を載せたH2Aロケットは延期の原因となったガス漏れへの対応が終わり、19日午後2時半ごろに鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられます。

スマートフォンなどの位置情報システムの性能を飛躍的に高める日本版GPS衛星「みちびき」の3号機は今月11日に打ち上げられる予定でしたが、天候の悪化と機体のバルブを動かすためのガスが漏れるトラブルが見つかり、2度にわたって打ち上げが延期されていました。

打ち上げを行う三菱重工業によりますと、ガス漏れを起こした部品の交換も18日までに終わったということで、「みちびき」を載せたH2Aロケットは19日未明に種子島宇宙センターのロケットを組み立てる建物から発射場に運ばれ、現在、最終的な点検が進められています。

「みちびき」は来年春に本格運用が始まると、GPSの位置情報の誤差を現在の10メートルほどから数センチにまで縮め、建設機械の自動運転など社会のさまざまな分野で新たなサービスが展開できると期待されています。

また、災害時には被災者を救援するのに必要な情報をみちびき経由でやり取りし、迅速な救援活動に役立つと見られています。

「みちびき」は19日午後2時29分に打ち上げられる予定です。

情報源: 日本版GPS衛星「みちびき」3号機 午後打ち上げへ | NHKニュース

今度は打ち上げできるかな?