スペインテロ 13人死亡、100人超ケガ

バルセロナ車両突入で約12人死亡、「イスラム国」関与認める

ふむ・・・


地図
地図

スペイン・バルセロナ中心部の繁華街ランブラス通りで17日夕(日本時間18日未明)、白いバンが観光客らでにぎわう歩道に突っ込み、歩行者を次々とはねた。地元政府は同日、13人が死亡し、100人以上が負傷したと発表した。このうち少なくとも15人が重傷で、死者は今後さらに増える可能性がある。警察はテロ事件として捜査を始めた。

警察は同日、今回のテロ事件に関係する2人の男の身柄を拘束したが、いずれもバンの運転手ではないとみられているという。また過激派組織「イスラム国」(IS)は同日、系列メディアのアマク通信を通じて犯行声明を出した。

ランブラス通りはレストランや商店が立ち並び、多くの観光客が集まる場所だ。ソーシャルメディア上には事件直後から、逃げ惑う人々や、歩道に倒れ込んで介抱される人々の動画が投稿された。犠牲者には子どもも含まれるとみられる。

地元メディアは、バンはバルセロナ郊外でレンタルされたもので、運転手は徒歩で現場から逃走したと報道。警察はバンを借りたとされるモロッコ系の20代の男の写真を公開した。

在バルセロナ日本総領事館によると、17日午後6時半(日本時間18日午前1時半)現在、事件に日本人が巻き込まれたという情報はないという。

当初はバンの暴走後、近くの飲食店で武装した男2人が立てこもったとの報道があったが、警察は17日、「立てこもりは(現在)起きていない」と否定した。

ランブラス通りの事件との関連は不明だが、事件後の17日夕にバルセロナ郊外で乗用車が検問中の警官2人をはねて逃走する事件があり、約3キロ離れた地点でこの乗用車に乗っていた男1人が射殺された。(ロンドン=渡辺志帆)

情報源:バルセロナでテロ、車暴走し13人死亡 ISが犯行声明:朝日新聞デジタル


バルセロナでテロ、歩道に車突入 110人超死傷

110人以上が死傷したスペイン・バルセロナの観光地で起きたテロ事件で、警察はこれまでのところ容疑者2人を逮捕しました。また、過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出しています。

今回のテロ事件について、過激派組織「イスラム国」系の通信社が「イスラム国の呼びかけに応じて実行された攻撃である」と発表しています。しかし、事件との関連を示す明確な根拠はまだ分かっていません。

事件に関する新たな情報ですが、警察はこれまでのところ事件に関連した容疑者2人を逮捕したほか、バンを運転していた男がいまだ逃走中であることを明らかにしています。これに関する情報ですが、地元新聞は、現地警察がバルセロナ西部で事件に関連する2台目のバンを追跡し、男1人を射殺したと伝えています。

また、イギリスBBCテレビは地元警察の情報として、犯行に使われたバンを借りたのはモロッコ系の人物と報じました。しかし、一方で地元テレビは、この人物が警察に対し「IDなどを盗まれた」と説明していることや、IDを盗んだのはこの人物の弟だと伝えています。

このほか、現地時間の17日未明にバルセロナ南部で2回の爆発が発生し、死傷者が出たのですが、警察はこの爆発と今回のテロ事件に関連があるとして捜査を進めているということです。

カタルーニャ州政府によりますと、これまでに13人が死亡、100人以上がけが、そのうち15人が重傷だということです。現地の日本領事館には日本人がけがをしたという情報は入っていません。

情報源:バルセロナでテロ、歩道に車突入 110人超死傷 TBS NEWS


スペイン・バルセロナのランブラス通りで起きた車突入事件の現場付近から、警察に付き添われ移動する人たち(2017年8月17日撮影)。(c)AFP/LLUIS GENE
スペイン・バルセロナのランブラス通りで起きた車突入事件の現場付近から、警察に付き添われ移動する人たち(2017年8月17日撮影)。(c)AFP/LLUIS GENE

【8月18日 AFP】(更新)スペイン東部カタルーニャ(Catalonia)州バルセロナ(Barcelona)の繁華街で17日、車が群衆に突っ込み、13人が死亡した事件で、地元警察はこの車の運転手が逃走中だと発表した。

カタルーニャ州警察幹部は記者団に対し、これまでに逮捕している2人がスペイン人とモロッコ人であることも明らかにした。

同幹部はまた、バルセロナの南約200キロに位置するアルカナー(Alcanar)で16日夜に民家で起きた爆発について、今回の突入事件と関連がある疑いがあるとの見方も示した。

爆発では少なくとも1人が死亡。警察は民家にいた者らが「爆破装置を用意していた」とみている。(c)AFP

情報源:バルセロナ車突入、運転手は逃走中 前日の爆発と関連か 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News


スペインテロ 13人死亡、100人超ケガ

スペインのバルセロナ中心部で17日に起きたテロ事件は、13人が死亡し、ケガ人は100人を超えた。ケガ人の数はさらに増えるとみられている。こうした中、過激派組織「イスラム国」系の通信社は、事件は戦闘員による犯行だと伝えた。

スペインのバルセロナ中心部で17日に起きたテロ事件は、これまでに13人が死亡し、ケガ人は100人を超えた。ケガ人の数はさらに増えるとみられている。

現場はバルセロナ中心部の、観光客にも人気の高いカタルーニャ広場周辺で、17日夕方、1台の車が群衆に突っ込んだ。地元メディアが目撃者の話として伝えたところによると、車は600メートルにわたって、人々をなぎ倒しながら蛇行運転して進んだという。

地元警察によると、これまでに13人が死亡、100人以上がケガをしている。車に乗っていた男は逃走しており、その後、事件に関連して2人が逮捕されたが、いずれも車を運転していた男ではないという。

バルセロナにある日本総領事館によると、日本人が巻き込まれたという情報はこれまでのところ確認されていないという。

こうした中、過激派組織「イスラム国」系の通信社は、事件は戦闘員による犯行だと伝えた。「イスラム国」掃討作戦を行っている、有志連合の参加国を狙った攻撃だとしている。

情報源:スペインテロ 13人死亡、100人超ケガ|日テレNEWS24


スペイン・バルセロナのランブラス通りで起きた車突入事件を受け封鎖された地域から避難する人々(2017年8月17日撮影)。(c)AFP/Pau Barrena
スペイン・バルセロナのランブラス通りで起きた車突入事件を受け封鎖された地域から避難する人々(2017年8月17日撮影)。(c)AFP/Pau Barrena

【8月18日 AFP】(更新)スペイン東部カタルーニャ(Catalonia)州バルセロナ(Barcelona)の繁華街で17日、車が群衆に突っ込み、地元当局によると13人が死亡、約100人が負傷した。地元警察は「テロ攻撃」として捜査を進めていると発表。イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出した。

現場となったのは、多くの観光客や大道芸人でにぎわう同市最大の繁華街ランブラス(Las Ramblas)通り。同州自治政府によると、これまでに容疑者2人が逮捕された。警察筋は先に、容疑者のうち1人が現場から逃走してバーに立てこもったと述べていたが、カタルーニャ警察は立てこもりが発生した事実はないと否定した。

米テロ組織監視団体SITEインテリジェンス・グループ(SITE Intelligence Group)によると、ISは傘下の通信社アマック(Amaq)を通じ出した声明で、事件の実行犯は「イスラム国の兵士たち」だったと主張した。(c)AFP

情報源:バルセロナで「テロ」 車突入で13人死亡 ISが犯行声明 写真10枚 国際ニュース:AFPBB News


© AFP 2017/ Josep Lago
© AFP 2017/ Josep Lago
トラックが群衆に突入したテロ事件の数時間後、同市ディアゴナール大通りで車は警察官3人に突入した。スペインのElMundoが報道した。 実行犯は白いフォード・フォーカスで警察官に突入し、射殺された。

警察官3人が負傷。バルセロナ警察によると、警察官に突入した人はテロ事件に関係ない。

スペイン第2の都市バルセロナで17日(地元時間)、トラックは都市の中心部にあるカタルーニャ広場と繁華街ランブラス通りにいた群衆に突入した。現在のところ、13人が死亡、少なくとも100人が負傷した。テロ事件を実行した容疑で男が逮捕された

情報源:バルセロナで新突入事件【動画】 – Sputnik 日本


【ベルリン=宮下日出男】スペイン北東部バルセロナ中心部で17日午後、車両が群衆に突っ込み、カタルーニャ自治州政府によると、少なくとも13人が死亡し、80人が負傷した。負傷者のうち15人は重傷。警察当局は関係する男2人を拘束し、テロ事件として捜査している。犯行車両を運転していた人物は逃走中で、当局が行方を追っている。

イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)系メディアは同日、事件について「実行者はISの戦士だ」と伝え、事実上の犯行声明を出した。内容の真偽は不明。

死傷者には外国人の観光客も含まれているとみられ、ベルギー外務省によると同国籍の1人が死亡。在バルセロナ日本領事館によると、日本時間18日朝の時点で、日本人が被害にあったとの情報はないが、確認を急いでいる。

事件は17日午後5時(日本時間18日午前0時)ごろ、観光客でにぎわうバルセロナ中心部のランブラス通りの歩道を、白色のワゴン車が数百メートルにわたって暴走し、次々と歩行者らをはねた。ジグザグ走行をしていたとの情報もある。

警察によると、拘束された2容疑者はモロッコ人とスペイン人でテロ後、カタルーニャ自治州内の別々の町で拘束された。スペインのメディアはモロッコ人について20代のドリス・ウカビル容疑者と報道。犯行車両をレンタルしていたとされている。

容疑者1人が拘束された町の住宅で17日、爆発が発生し、1人が死亡。警察当局はテロとの関連があるとみて調べている。また、バルセロナから約50キロ離れた町で犯行車両と別の車がみつかり、逃走用の車両として用意されていたとみられる。

バルセロナは世界遺産サグラダ・ファミリア(聖家族教会)などで知られる建築家、ガウディの作品が建ち、世界中から観光客が訪れ、日本人観光客も多い。

情報源:【バルセロナ暴走テロ】バルセロナでテロ 13人死亡 ISが犯行声明 実行犯は逃走中(1/2ページ) – 産経ニュース


バルセロナでテロ 110人以上が死傷 男2人拘束

スペイン第2の都市、バルセロナで日本時間の18日未明、観光客でにぎわう中心部の通りに車が突っ込み、13人が死亡、およそ100人がけがをしました。警察はテロ事件と断定して現場から逃げた男の行方を捜査するとともに、事件に関与したと見られる男2人を拘束しました。

スペイン北東部のバルセロナで17日夕方、日本時間の18日午前0時ごろ、中心部にあるカタルーニャ広場に近いランブラス通りで車が人混みに突っ込み、現地の警察はこれまでに13人が死亡し、およそ100人がけがをしたことを明らかにしました。

ランブラス通りは観光客でにぎわうバルセロナのメインストリートで、地元メディアは、車はこの通りを500メートル以上暴走したと伝えています。

警察は不特定多数の人たちを狙ったテロ事件と断定したうえで、現場から逃げた男の行方を捜査しています。

また警察は事件に関わったと見られる男2人の身柄を拘束し、調べを進めていることを明らかにしました。

警察によりますと、この事件より半日余り前、現場から南西に200キロほど離れた場所で、建物が爆発して1人が死亡する事件が起き、拘束された2人はこの爆発事件にも関与した疑いが持たれています。

警察はテロ事件との関連や、ほかに事件に関わった容疑者がいないかなど全容の解明を進めています。

バルセロナに到着したスペインのラホイ首相は18日未明に会見し、「テロリストは決して、自由を愛する人々の結束を打ち負かすことはできない」と述べて、テロに屈しない姿勢を強調しました。

バルセロナにある日本総領事館によりますと、これまでのところ日本人が事件に巻き込まれたという情報は入っていないということです。

車は500メートル暴走か

ヨーロッパの複数のメディアによりますと、歩行者を次々とはねたのは白いワゴン車で、観光客などで混み合うランブラス通りをおよそ500メートルにわたって暴走したと伝えています。

それによりますと、ワゴン車はカタルーニャ広場の近くからランブラス通りの歩行者専用の道路に入り、そのまま次々に歩行者をはねながら通りを暴走したということです。

ワゴン車は、500メートルほど走ったところで、新聞などを販売する売店にぶつかって停車したということです。

また、イギリスの新聞「テレグラフ」は、警察の話として、犯行に使われた車はレンタカーだったとしたうえで、ことし6月にロンドン中心部で起きたテロ事件でもレンタカーが使われ、今回の事件の犯人らがその犯行をまねた可能性もあると指摘しています。

「見るに堪えない光景」

事件が発生した当時現場近くのレストランにいたという女性は「警察官に突然、店を閉めるように言われ、テラスにいた客はパニックになりながら屋内に避難しました。店の扉を閉め切って中で待ちましたが、何が起きたのかわからず、テレビを見て起きていることを知りました」と興奮した様子で話していました。

同じく現場近くにいたという男性は「大勢の人の悲鳴が聞こえ、直後に車が通りを走っていくのが見えました。大勢の人たちが通りに沿って倒れていて見るに堪えない光景でした」と話していました。

IS系メディア「実行したのはISの戦士」

過激派組織IS=イスラミックステートとつながりのあるメディアのアマーク通信は「攻撃を実行したのはISの戦士だ」と伝え、ISによる犯行だと主張しました。

そのうえで犯行の理由については、ISと戦う有志連合の参加国を狙えというISの呼びかけに応じたものだと説明しています。

一方、スペインの当局はこれまでのところ、今回の事件とISとの関係について、明らかにしていません。

スペイン首相「犯人の拘束に全力」

テロ事件を受けてスペインのラホイ首相はツイッターを更新し、「テロリストたちは、残虐な行為をものともしない自由を愛する連帯した人々を打ち負かすことは決してできない」として、テロに屈しない姿勢を示したうえで、「犯人の拘束と被害者の手当てに全力を尽くしている」と強調しました。

日本総領事館が安全確保呼びかけ

バルセロナにある日本総領事館によりますと、日本時間の午前8時現在、日本人が被害にあったという情報は入っていないということです。日本総領事館によりますと、バルセロナにはおよそ1800人の日本人が住んでいるほか、この時期には例年、大勢の日本人が観光に訪れるということで、引き続き、情報収集を行っているということです。

日本総領事館は、現地にいる日本人に対してツイッターで安全を確保するよう呼びかけているほか、安全情報をメールで受け取ることができるサービスに登録している旅行者などに対して現場付近へは近寄らないことや、日本人の負傷者などについての情報がある場合は、総領事館まで連絡するよう呼びかけています。

車使ったテロ 欧州で相次ぐ

ヨーロッパでは、車で無差別に人をはねるテロ事件が相次いでいます。

去年7月には、フランス南部のニースで、チュニジア人の男が大型トラックを暴走させて花火を見物していた群衆に突っ込み、15人の子どもを含む86人が死亡しました。

去年12月には、ドイツの首都ベルリンの中心部でクリスマス用の買い物客でにぎわう市場に大型トラックが突っ込んで12人が死亡しました。

ことしに入ってからは、3月、イギリス・ロンドン中心部のテムズ川にかかる橋で車が歩行者を次々とはねたあと、車を降りた男が警察官をナイフで襲い、合わせて5人が死亡しました。

さらに6月には、ロンドン中心部の別の橋で、車が突然暴走して歩行者を次々とはねて8人が死亡するなど、ヨーロッパの主要都市の中心部で車を使ったテロ事件が相次いでいます。

情報源:バルセロナでテロ 110人以上が死傷 男2人拘束 | NHKニュース


© Sputnik/ Javier Luengo
© Sputnik/ Javier Luengo
スペインの警察は、同国北東部のバルセロナ市で17日、トラックが群衆に突入したテロ事件に関係ある疑いで男性を逮捕した。スペインのメデイアが報道した。

スペインのElconfidencialの報道によると、警察はドリッス・オウカビル容疑者を逮捕した。オウカビル容疑者はフランスのマルセルに生まれたがスペインに暮らした。この人はバルセロナ郊外でトラックを賃貸した。警察は今、オウカビル容疑者に関係ある人について調べている。

ロイター通信によると、この事件でテロ組織「ダ-イシュ(IS、イスラム国)」が犯行声明を出した。

スペイン第2の都市バルセロナで17日(地元時間)、トラックは都市の中心部にあるカタルーニャ広場と繁華街ランブラス通りにいた群衆に突入した。現在のところ、13人が死亡、少なくとも100人が負傷した。

情報源:バルセロナでテロ 1人の実行犯の写真がネットに公開 – Sputnik 日本


【パリ時事】スペイン東部バルセロナ中心部の路上で17日午後5時(日本時間18日午前0時)ごろ、車両が群衆に突入し、治安当局によると、13人が死亡、50人超が負傷した。過激派組織「イスラム国」(IS)が系列メディアのアマク通信を通じて犯行を主張する声明を発表。警察当局はテロ事件として捜査を始めた。

車両は白いバンで、実行犯は車を現場に乗り捨てて逃走した。報道によれば、警察は犯行に使われた車両をレンタルしたとみられる男ともう1人の身柄を拘束し、実行グループとの関連を追及する。

事件直後、車両に乗っていた1人が飲食店に立てこもったという情報が流れたが、当局は「立てこもりの事実はない」と否定した。

現場は年間を通じて市民や観光客でにぎわう市内随一の繁華街であるランブラス通り。現場では居合わせた人々が一斉に避難し、直ちに交通が規制された。在バルセロナ日本総領事館によると、日本人が巻き込まれたという報告はない。

欧州では2015年以降、イスラム過激派によるテロが相次ぐ。昨年7月にフランス南部ニースで起きたトラック突入テロをはじめ、車両を使った事件も後を絶たない。(2017/08/18-05:43)

情報源:バルセロナで車突入テロ、13人死亡=ISが犯行主張:時事ドットコム


[バルセロナ/マドリード/カイロ 17日 ロイター] – スペイン東部のバルセロナ中心部で17日、車両が群衆に突っ込み、約12人が死亡する事件が発生し、警察はテロ攻撃として捜査を開始した。カタルーニャ州当局者によると少なくとも80人が病院に搬送されている。

カタルーニャ州当局者によると、警察は容疑者2人の身柄を拘束。ただ現時点では何人の人物が犯行に関与していたかは分からないとしている。

この事件に関して、過激派組織「イスラム国」(IS)と関連のあるAMAQ通信は、ISが関与を認めたと報じている。

目撃者によると車両は観光客などで賑わうラス・ランブラス通りをジグザグに走行。車両は減速せずに群集の間をまっすぐに進み、通行人を次々となぎ倒した。

スペインのメディアはこのほか、バルセロナ市内の飲食店で武装した男2人が立てこもり、銃撃戦が発生したと報道。事態は混乱している。

スペインのラホイ首相は地元当局と連携を取り、事件に対応している。

バルセロナはカタルーニャ州の州都。同州では10月1日にスペインからの独立を問う住民投票が実施される。スペインでは2004年に首都マドリードで死者191人、負傷者1800人以上を出した列車爆破事件が発生している。

情報源:バルセロナ車両突入で約12人死亡、「イスラム国」関与認める | ロイター


今度はスペインか・・・