カープは中村投手が好投で4勝目|NHK 広島のニュース

ふむ・・・


カープは18日、マツダスタジアムでヤクルトと対戦。先発の中村祐太投手が6回無失点の好投で4勝目をあげ、1対0で勝ちました。

カープは5回、菊池選手が去年のシーズン自己最多に並ぶ8試合ぶりの13号ソロホームランを打って、先制しました。先発の中村投手は、7月27日以来となる1軍のマウンドでしたが、コントロールよくコースに投げ込み、6回を投げてフォアボールなしの無失点。

8つの三振を奪う好投を見せました。カープはこの後、7回を一岡投手、8回は中崎投手、そして9回は抑えの今村投手が得点を許さず、1対0で逃げ切りました。

6月4日以来となる4勝目をあげた中村投手は「外のスライダーを生かすために、インコースを突くことを課題にしていたが、思い切って投げられたのでよかった。ランナーを出しても『最少失点ならいい』と開き直れたこともいい結果につながった」と話していました。また緒方監督は「守りきって勝つ自分たちの野球ができた。中村は抜けるボールがなく、しっかり投げ込めていた。次も先発を任せたい」と話していました。

情報源: カープは中村投手が好投で4勝目|NHK 広島のニュース

明日も勝とう。