広島・岡田 チームトップタイ11勝目 G阿部は9回2000安打達成

広島4-1巨人、カープの勝ち、ヒーローは岡田投手。


力投する岡田
力投する岡田

「広島-巨人」(13日、マツダスタジアム)

広島の先発・岡田明丈投手が、6回4安打1失点(自責点0)で交代した。

初回、先頭の陽岱鋼に中越え三塁打を許したが、後続を2者連続三振などに仕留めて無失点で切り抜けた。

その後は、150キロ超の直球を軸に安定感抜群の投球を披露。4-0の六回には、安打と失策で無死三塁のピンチを迎えた。続く、マギーに中前適時打を許して1失点。1死一塁の場面では2000安打に王手をかけている阿部を二ゴロ併殺打に抑え、最少失点に切り抜けた。六回の攻撃で代打・バティスタが告げられ、勝利投手の権利を得て交代となった。

情報源:広島・岡田は6回4安打1失点 11勝目権利得て降板/カープ/デイリースポーツ online


<広・巨>力投する岡田
<広・巨>力投する岡田

セ・リーグ 広島4―1巨人 ( 2017年8月13日 マツダ )

首位・広島は投打がかみ合い、巨人に4―1で連勝を飾った。

初回、今季初先発の今村から4安打を集中し、3点を先制。5回にも代わった中川から松山の併殺打の間に1点を追加した。

"<広・巨
5回2死、宇佐見のニゴロを一塁へグラブトスする菊池 ” class=”size-medium” /> <広・巨>5回2死、宇佐見のニゴロを一塁へグラブトスする菊池

先発の岡田は初回、先頭の陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)に中越え3塁打を許したものの、後続を抑えて無失点で切り抜けた。結局、6回を4安打1失点で薮田に並ぶチームトップタイの11勝目(4敗)を挙げた。チームのマジック再点灯は最短で15日。

巨人は今季初先発の今村が4回を7安打3失点で2敗目。通算200安打に王手をかけていた阿部は9回に広島の今村から右前打を放ち、大台に到達した。

情報源:広島・岡田 チームトップタイ11勝目 G阿部は9回2000安打達成― スポニチ Sponichi Annex 野球



巨人の阿部慎之助が2000本安打達成。