【巨人】阿部、プロ通算2000安打を達成…史上49人目、生え抜きでは37年ぶり5人目

おめでとうございます。


セ・リーグ 巨人―広島 ( 2017年8月13日 マツダ )

巨人の阿部慎之助内野手(38)が13日、マツダスタジアムで行われた広島20回戦に「4番・一塁」で先発出場。3点を追う9回の第4打席に今村から右前打を放って、プロ野球史上49人目となる通算2000安打を達成した。

6月3日に中日・荒木が達成して以来史上49人目の金字塔。巨人生え抜き選手の達成は川上哲治、長嶋茂雄、王貞治、柴田勲に続いて5人目で80年の柴田以来37年ぶりとなった。

マツダスタジアムは13年に史上38人目、捕手としては史上3人目となる通算300本塁打を達成した思い出の地。なお同球場で2000安打を達成した選手は初めて。

情報源:巨人・阿部 史上49人目2000安打達成 G生え抜きでは37年ぶり5人目 (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:巨人・阿部 史上49人目2000安打達成 G生え抜きでは37年ぶり5人目― スポニチ Sponichi Annex 野球


通算2000安打を達成し、記念のボードと花束を手にする巨人・阿部
通算2000安打を達成し、記念のボードと花束を手にする巨人・阿部

◆広島―巨人(13日・マツダスタジアム)

巨人・阿部慎之助内野手(38)は13日の広島20回戦(マツダスタジアム)で安打を放ち、プロ通算2000安打を達成した。史上49人目で、巨人生え抜きでは川上哲治、長嶋茂雄、王貞治、柴田勲に次ぐ37年ぶり5人目の偉業となった。阿部は安田学園高から中大を経て2000年にドラフト1位で巨人に捕手として入団。1年目から主力として活躍し、足かけ17年で到達となった。

通算2000安打は今季、中日・荒木(6月3日楽天戦=ナゴヤドーム)が記録したほか、日米通算ではブルージェイズ(達成時はアストロズ)の青木が6月11日のエンゼルス戦で大台に乗せている。

阿部は捕手として巨人入団。長年投手陣を引っ張ってきたが、14年ころから一塁手での起用が増え始めた。16年は捕手として登録したが、けがの影響もありマスクをかぶることはなく一塁手として出場。今季は「内野手」登録となっている。

◆阿部の節目の安打
▼プロ初安打 01年3月30日・阪神戦(東京ドーム) 〇17―3

巨人の新人捕手では78年の山倉和博以来、23年ぶりの開幕スタメン。2回1死二、三塁の第1打席で左腕・星野伸之のフォークを拾い、右中間へ二塁打を放った。2安打4打点でお立ち台もデビュー

▼500安打 05年6月28日・ヤクルト戦(東京ドーム) 〇7―6

5回に右翼線二塁打。続く7回の第4打席で放った左前打が通算500安打目となった

▼1000安打 09年6月8日・楽天戦(東京ドーム) 〇8―3

6回に中大の後輩・井坂の高め直球を左翼線にはじき返した

▼1500安打 13年4月7日・中日戦(東京ドーム) 〇8―6

逆転の1号3ランを放つなど猛打賞。さらに7回2死一塁で小林から右前打を放ち、この4安打目で大台に乗せた

◆過去4人は全員ビジターで達成
過去の巨人生え抜き選手では、川上哲治が1956年5月31日の中日戦(中日)、長嶋茂雄が71年5月25日のヤクルト戦(神宮)、王貞治が74年8月4日の阪神戦(甲子園)、柴田勲が80年8月7日のヤクルト戦(神宮)と、いずれも敵地で2000安打を達成している。

◆阿部慎之助(あべ・しんのすけ)1979年3月20日、千葉県生まれ。38歳。習志野高で甲子園出場経験のある父・東司氏の影響で、幼い頃から野球を始める。東京・安田学園高では、通算38本塁打をマーク。中大に進学後、2000年のドラフト1位(逆指名)で巨人入り。タイトルは首位打者、打点王、最高出塁率(いずれも12年)。年俸2億6000万円。180センチ、97キロ。右投左打。

情報源:【巨人】阿部、プロ通算2000安打を達成…史上49人目、生え抜きでは37年ぶり5人目 (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

情報源:【巨人】阿部、プロ通算2000安打を達成…史上49人目、生え抜きでは37年ぶり5人目 : スポーツ報知


試合はカープが4-1で勝利。