世界陸上男子400mリレー 日本が決勝進出

ふむ・・・


"<世界陸上ロンドン大会9日目
男子4×100メートルリレー予選、ケンブリッジ飛鳥にバトンパスし叫ぶ桐生 ” class=”size-medium” /> <世界陸上ロンドン大会9日目>男子4×100メートルリレー予選、ケンブリッジ飛鳥にバトンパスし叫ぶ桐生

陸上の世界選手権第9日が12日行われ、男子400メートルリレー予選に日本代表が出場。38秒21のタイムで予選1組の3着となり、2大会ぶり8回目の決勝進出を果たした。

日本代表は多田修平、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥の走順だった。200メートルで7位となったサニブラウンは右太もも裏に張りがあり、リレーメンバーから外れている。

同組1位は37秒70の米国、2位は37秒76の英国だった。

第2組では、ウサイン・ボルトを擁するジャマイカが37秒95で1位となっている。

決勝進出は米国、英国、ジャマイカ、フランス、中国、日本、トルコ、カナダの8チームで、決勝は12日の午後9時50分(日本時間13日午前5時50分)に行われる。

▽ケンブリッジ飛鳥の話
すごくバトンが詰まってしまった。バトンも走りもまだまだ改善できる。(決勝は)しっかりそれぞれが自分の走りをしたい。

▽桐生祥秀の話
練習よりみんなが走れていて、バトンがちょっと詰まったところがある。そこをうまくやれば、タイムをさらに上げられると思う。

▽多田修平の話
スタートがあまり合わなくて、全体的にいまいちだった。バトンの部分でもちょっと駄目なところがあった。いいパフォーマンスができるよう調整したい。

▽飯塚翔太の話
バトンもまだ修正点がある。かなりタイムを縮められると思う。自分の仕事をもう一回確認していけば、メダル争いに絡んで、いい走りができる。

情報源:日本 バトン詰まるも予選1組3着で決勝進出 男子400リレー予選 ― スポニチ Sponichi Annex スポーツ


陸上・世界選手権第8日(11日、ロンドン)男子400メートルリレー予選が行われ、1組に出場した日本(多田修平、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥)は38秒21で同組の3位に入り、決勝進出を決めた。同組1位は米国。

日本はこれまで世界選手権での同種目でのメダル獲得はないが、2008年の北京五輪では銅メダル、16年のリオ五輪では銀メダルを獲得している。

2組各3位以内とタイム順で2チームが決勝(日本時間13日早朝)に臨む。

多田修平(関学大)の話
「スタートがあまり良くなくて、バトンでも良くないところがあったので、決勝では修正して挑んでいきたいと思います」

飯塚翔太(ミズノ)の話
「内容はまだまだ伸ばせると思うので、しっかりやれば決勝で結果が残せると思います」

桐生祥秀(東洋大)の話
「練習よりみんなが走れていて、バトンが少し詰まったというのもあるので、そこをうまくやれば決勝でタイムが上がると思います。(個人種目の出場がなく)僕だけまだまっさらなので、元気ですね」

ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)の話
「すごくバトンが詰まってしまったので、そこを決勝に向けて修正していきたいと思います」

情報源:日本、予選1組3位で決勝に進出! 男子400Mリレー/世界陸上 – スポーツ – SANSPO.COM(サンスポ)


世界陸上男子400mリレー 日本が決勝進出

ロンドンで開かれている陸上の世界選手権は12日、男子400メートルリレーの予選が行われ、日本は今シーズンのベストを更新するタイムを出して、決勝進出を決めました。

男子400メートルリレーには16チームが出場し、2組に分かれて予選が行われました。去年のリオデジャネイロオリンピックのこの種目で銀メダルを獲得している日本は1組に出場し、多田修平選手、飯塚翔太選手、桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手の4人で臨みました。

日本は得意のバトンの受け渡しでやや詰まる場面もありましたが、アメリカ、イギリスに続いて3着に入り、決勝進出を決めました。タイムは38秒21で、今シーズンのベストを更新しましたが、予選全体で6番目の記録でした。決勝は日本時間の13日の朝に行われる予定です。

史上最年少で男子200メートルの決勝進出を果たし注目を集めているサニブラウンアブデル・ハキーム選手は、太ももの裏側を痛め出場しませんでした。

多田「ダメなところ修正して決勝に臨む」

第1走者を務めた多田選手は「スタートがあまりよくなかった。バトンの受け渡しもダメなところがあったので決勝は修正して臨みたい」と話しました。

第2走者を務めた飯塚選手は「内容はまだまだで、僕らはタイムを伸ばせるので、しっかりやれば決勝で勝負できると思う。みんな自信を持っているので胸を張って走りたい」と話しました。

第3走者を務めた桐生選手は「練習よりみんなが走れていて、バトンが詰まった。うまくやれば決勝でまたタイムは上がる」と振り返りました。

アンカーを務めたケンブリッジ選手は、「それぞれが自分の走りをしてメダルを狙いたい」と意気込みを話していました。

情報源:世界陸上男子400mリレー 日本が決勝進出 | NHKニュース


どこまで食いつけるかな・・・