日航ジャンボ機墜落事故32年 遺族らが慰霊登山 | NHKニュース

32年か・・・


日航ジャンボ機墜落事故32年 遺族らが慰霊登山

520人が犠牲になった日航ジャンボ機墜落事故から12日で32年となり、墜落現場の群馬県上野村では、朝早くから遺族などが慰霊の登山を始めています。

昭和60年8月12日、お盆の帰省客などを乗せた日本航空のジャンボ機が群馬県上野村の山中に墜落し、国内の航空機事故としては最も多い520人が犠牲になりました。

事故から12日で32年となり、上野村では朝早くから、遺族などが墜落現場の「御巣鷹の尾根」を目指して慰霊の登山を始めています。

遺族などは、墜落現場にある慰霊碑「昇魂之碑」の前で、花を手向けたり線香を供えたりして、犠牲者を悼んでいました。

夕方には、ふもとにある「慰霊の園」で追悼慰霊式が行われ、遺族などが墜落時刻の午後6時56分にあわせて黙とうをして、空の安全を祈ります。

事故で叔父の石倉六郎さん(当時41)を亡くした茨城県ひたちなか市の磯禎典さん(45)は、親戚の子どもたちなどおよそ20人とともに御巣鷹の尾根を登りました。磯さんは「手を合わせて、みんな元気にやっているよと伝えました。ここにくると止まっていた時間が動き出すような気がします。子どもたちに当時の事故の悲惨さを現場で感じ取ってほしいと思います」と話していました。

情報源: 日航ジャンボ機墜落事故32年 遺族らが慰霊登山 | NHKニュース

早いもんだな。