【大津いじめ自殺訴訟】死んだ蜂食べさせようとした、ズボンずらした…「いじめとは思っていなかった」元同級生ら12人尋問へ – 産経WEST

関係者の氏名と顔写真を公開しろ。


平成23年に大津市の中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺したのは「いじめが原因」として、遺族が加害者とされる元同級生らに約3850万円の損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が25日、大津地裁(西岡繁靖裁判長)であった。元同級生ら計12人の尋問が決まり、9月以降、計4回行われる見通し。

原告側代理人によると12人は元同級生3人のほか、その保護者や当時の担任教諭、男子生徒の家族。

原告側は、死んだハチを食べさせようとしたり、ズボンをずらしたりするなどのいじめがあったと主張。被告側は「いじめとは思っていなかった」と反論している。

生徒は23年10月、自宅マンションから飛び降り死亡した。遺族は24年に提訴し、市に対する賠償請求訴訟は市が過失責任を認めて27年に和解した。

情報源:【大津いじめ自殺訴訟】死んだ蜂食べさせようとした、ズボンずらした…「いじめとは思っていなかった」元同級生ら12人尋問へ – 産経WEST

この学校、いろいろおかしい。

【大津いじめ自殺訴訟】25日口頭弁論 元同級生ら12人尋問 死んだ蜂食べさせ、ズボンずらし「いじめとは思っていなかった」 | あまえび速報