ドコモが行政指導に対応 契約キャンセルを昨年5月までさかのぼって受け付け:イザ!

ハァ・・・


NTTドコモが携帯電話の契約者に対して8日以内にキャンセルできる「確認措置」の受け付けを適切に行わなかったとして、総務省から行政指導を受けていた問題で、ドコモは18日までに、行政指導への対応として昨年5月までさかのぼって契約のキャンセルに応じると発表した。

改正電気通信事業法施行後の昨年5月18日から今年7月2日の間、XiやFOMAの新規契約や契約変更、料金プランの変更などを行った人で、(1)電波状況が不十分(2)手続内容の説明が不十分(3)契約書面が交付されていなかった-場合が対象となる。

総務省は6月28日、ドコモなど携帯3社に対してスマホ購入者への契約内容の説明が不十分だったとして行政指導していた。ドコモには、契約のキャンセルへの対応が不十分だったとして、抜本的な改善措置の報告を求めていた。

情報源: ドコモが行政指導に対応 契約キャンセルを昨年5月までさかのぼって受け付け:イザ!

ふむ。