将棋の加藤一二三九段が会見 引退の心境語る

将棋の加藤一二三九段が会見 引退の心境語る | NHKニュース

お疲れ様でした。


将棋の加藤一二三九段が会見 引退の心境語る

60年以上将棋のプロ棋士として活躍し、今月、最後の対局に敗れて現役を引退した加藤一二三九段が30日に記者会見を行い、「立派な後継者がそろっていますから、心安んじて引退できます」などと心境を語りました。

加藤一二三九段(77)は、昭和29年に当時の史上最年少記録となる14歳7か月の若さでプロ棋士になり、名人などのタイトルを合わせて8期獲得するなど、将棋界を代表する棋士の1人として60年以上第一線で活躍してきましたが、今月20日、負ければ最後となる対局に敗れ、現役を引退しました。

加藤九段は30日、東京・渋谷区の将棋会館で引退後初めてとなる記者会見を行い、およそ100人の報道陣を前に、まず現役生活を終えた今の心境を「今は大変すっきりとした気持ちです。これからも今までどおりやる気を失わず、元気よくこれからの人生を歩んで行く気持ちです」と語りました。

また、現役生活で最も記憶に残る1局として、中原誠十六世名人との熱戦の末、42歳で初めて名人のタイトルを獲得した昭和57年の名人戦を挙げ、「勝ちが見えた瞬間に『ああそうか』と叫びました。『ついに名人を獲得できるんだ』と叫んだんです」と当時の心境を振り返りました。

そのうえで棋士人生について、「それなりに、かなりの成果を上げたと思っています。バッハやモーツァルトの名曲が今でも世界中の人に影響を与えるように、将棋ファンにとっては私やトップ棋士の名局も、100年、200年、300年たっても感動を必ず呼ぶという自信や誇りがあります」と語りました。

一方、連勝記録が歴代単独1位になった中学3年生の藤井聡太四段について、「作戦がうまくてスピーディーな戦い方をすでに身につけていて、欠点が1つもない」と高く評価したうえで、藤井四段が加藤九段の引退に際して「一抹のさみしさがある」と話していたことについて、「さすがに、ほろっときます。哀感が漂ってきます。すばらしい後継者がいるなと感動しました」と話していました。

そして最後に、「将棋界は今、人格的にも大変優れていて、将棋も完成の域に達している立派な後継者がそろっていますから、心安んじて引退できます」と語り、会見場をあとにしました。

情報源: 将棋の加藤一二三九段が会見 引退の心境語る | NHKニュース

なんで、NHKって画面が暗いのかな・・・