将棋 藤井聡太四段 29連勝かけ きょう対局

AbameTVなどで放送中


将棋 藤井聡太四段 29連勝かけ きょう対局

将棋の連勝記録を歴代最多に並ぶ28に伸ばした中学3年生の藤井聡太四段は、26日、東京で、竜王戦の挑戦者を決める決勝トーナメントの初戦に臨みます。勝てば29連勝となり、最多連勝記録を30年ぶりに更新します。

藤井聡太四段は、去年10月に史上最年少の14歳2か月でプロ棋士となったあと、公式戦で一度も負けることなく勝ち続け、今月21日の対局で連勝記録を28に伸ばして、30年前の昭和62年に神谷広志八段が達成した最多連勝記録に並びました。

藤井四段は26日、東京で、竜王戦の挑戦者を決める決勝トーナメントの初戦に臨み、増田康宏四段(19)と対局します。

増田四段は3年前に16歳でプロ棋士となり、藤井四段がプロ入りするまでは現役最年少の棋士でした。去年の新人王戦で優勝した若手の実力者で、26日の対局は現在2人しかいない10代の棋士どうしの戦いとなります。

藤井四段は今月21日の会見で、「とても大きな舞台で、対戦相手も非常に強敵なので、しっかり気を引き締めたい」と意気込みを話していました。

対局は午前10時から、それぞれ5時間の持ち時間で行われ、藤井四段はこの対局に勝てば29連勝となり、最多連勝記録を30年ぶりに更新して、歴代単独1位となります。

増田四段「完璧な将棋を」

藤井四段と増田四段は、ことし1月、インターネットテレビの番組が企画した非公式戦で対局し、このときは互いに譲らない持久戦を藤井四段が巧みにしのぎ、勝ちを収めています。

増田四段は、この対局のあと、「次回はもっといい将棋を指して、勝てるように頑張りたい」と話していました。

また、増田四段は、26日の対局を前にコメントを出し、この中で、「対戦相手の藤井四段はすばらしい実力を持った棋士なので、勝つためには一手のミスも許されない、完璧な将棋を指さなければいけないと思っています」としたうえで、「まさか、ここまで注目される勝負になるとは予想もしていませんでしたが、冷静に自分を信じて戦いたいと思います」と決意を示しています。

情報源:将棋 藤井聡太四段 29連勝かけ きょう対局 | NHKニュース


“ニコニコ生放送”や有償の“将棋プレミアム”でも視聴可能

プロデビュー以来、公式戦無傷の28連勝を達成し、歴代最多の連勝記録に並んだ将棋の藤井聡太四段と、増田康宏四段の対局が本日26日の午前10時から始まります。藤井聡太四段が新記録の29連勝を達成するのか、はたまた同じ10代の増田康宏四段がそれを阻止するのか、大きな注目が集まっています。

そんな注目の1戦が“AbemaTV”や“ニコニコ生放送”で無償生中継されます。AbemaTVでは午前9時30分からの放送で、佐藤紳哉七段・髙野秀行六段・田中悠一五段が解説を担当。ニコニコ生放送では午前10時からの放送で、谷川浩司九段が解説を担当します。

また、有料となりますが“将棋プレミアム”でも生中継が行われ、こちらは午前9時45分からの放送。永瀬拓矢六段・飯島栄治七段・中村修九段・森下卓九段が解説者になっています。さらに、スマホアプリ「日本将棋連盟ライブ中継」では対局の棋譜をリアルタイムで観戦可能です。

情報源:藤井四段の29連勝をかけた対局が本日26日無償で生中継 ~AbemaTVなどで視聴可能 – やじうまの杜 – 窓の杜


勝てるかな・・・?