強毒ヒアリ 新たな確認なし 引き続き注意を | NHKニュース

ふむ・・・


強毒ヒアリ 新たな確認なし 引き続き注意を

強い毒を持つ南米原産のアリ、「ヒアリ」が神戸港のコンテナ置き場などで見つかった問題で、神戸市がこれまでに行った調査では新たなヒアリは確認されていませんが、市は周辺の住民にチラシを配って注意を呼びかけています。

「ヒアリ」は強い毒を持つ南米原産のアリで、刺されると呼吸困難などのショック症状を起こして死に至ることもあります。

先月26日、神戸港で陸揚げされ兵庫県尼崎市に運ばれた中国・広東省からのコンテナの中から数百匹が国内で初めて見つかり、さらに今月16日にはコンテナが5日間保管されていた神戸港のコンテナ置き場でもおよそ100匹が見つかりました。

神戸市は、ヒアリが周囲に広がったおそれもあるとして、コンテナ置き場の周辺に捕獲用の粘着シートを設置するなど調査を進めていますが、これまでのところ他の場所で新たなヒアリは見つかっていないということです。

また、コンテナ置き場などで捕獲されたヒアリの中には産卵する女王アリはおらず、ヒアリの巣も確認されていないということです。

神戸市は環境省と連携して港の周辺で引き続き調査を進めるとともに、近くのおよそ7500世帯にチラシを配って見つけても触らないよう注意を呼びかけています。

情報源: 強毒ヒアリ 新たな確認なし 引き続き注意を | NHKニュース

ハァ・・・