【森友学園捜索】森友、診断書を捏造か 保護者5人「提出してない」

ふむ・・・


森友学園 申請書類をねつ造か

学校法人「森友学園」が補助金を不正受給した疑いが持たれている事件で、学園は、補助金を受け取るのに必要な子どもに関する書類をねつ造していた疑いがあることが関係者への取材でわかりました。特捜部もこうした情報を把握していて、学園の籠池泰典前理事長から詳しく事情を聴くものと見られます。

「森友学園」は、運営する幼稚園で障害がある子どもの数などを水増しするなどして補助金を不正に受給した疑いで告訴されていて、大阪地検特捜部は19日夜から20日朝にかけて、学園の事務所がある大阪・淀川区の幼稚園などを捜索しました。

この幼稚園では障害がある子どもの診断書などを保護者から受け取って大阪府に提出し、人数に応じて補助金を受給していましたが、府に提出された書類の一部がねつ造されていた疑いがあることが関係者への取材でわかりました。

保護者の1人はNHKの取材に対し、「入園後に熱性けいれんを発症したなどと書類にうそを書かれ、無断で府に出されていた」と話しています。

府の調査では、5人の園児の保護者が、「幼稚園に診断書を出していない」としているのに府には診断書が存在していたことも明らかになっています。

大阪地検特捜部も保護者らから事情を聴いてこうした情報を把握していて、今後、籠池前理事長(64)から詳しいいきさつなどについて事情を聴くものと見られます。

一方、籠池前理事長は、「申請はすべて私自身がしていて欠けている点があったことは申し訳ない。しかし、毎年の府の監査にも問題があったのではないか」と話しています。

官房長官「法と証拠に基づいて適切に捜査」

菅官房長官は午後の記者会見で、「個別事件についてはコメントすべきではないと思うが、大阪地検において告発を受理し、現在、捜査中であると承知している。あくまでも検察当局において、法と証拠に基づいて適切に捜査を行っているのだろう」と述べました。

情報源:森友学園 申請書類をねつ造か | NHKニュース


押収物を運び出す大阪地検の係官ら=20日午前、大阪市淀川区

学校法人「森友学園」(大阪市)が国や大阪府の補助金を不正受給したとして詐欺容疑などで家宅捜索を受けた事件で、「要支援児」の受け入れに対する大阪府の補助金について、対象となった園児5人の保護者が、申請に必要な診断書を「提出していない」と府に説明していることが20日分かった。学園側からは5人についての診断書が出されていて、捏造(ねつぞう)された疑いもあるという。申請手続きは籠池(かごいけ)泰典前理事長(64)が担当しており、大阪地検特捜部は詳しい経緯を調べている。

19日夜から始まった学園側に対する特捜部の家宅捜索は、20日の明け方まで約11時間にわたって夜通しで行われた。

籠池氏は同日午前、大阪府豊中市の自宅で共同通信など報道陣の取材に応じ、家宅捜索を「国策捜査だ」と批判。補助金の不正受給については「反省すべき点はあるが故意ではない」とする一方、「逮捕されるだろうと認識している」とも述べた。

府によると、塚本幼稚園で平成23~27年度、特別な支援が必要な要支援児とされた園児5人の保護者が府のアンケートに対し、府に提出されていた園児名義の診断書について「提出していない」と回答した。

要支援児の受け入れ補助金をめぐっては、申請に必要な保護者の同意を得ていないケースや、診断書に実際と異なる医師の名前が記されていたことがすでに判明している。府は23~27年度の補助金約2740万円について、不正受給に当たると認定している。

また学園は23~28年度、専任の教職員の人数に応じて支給される府からの経常費補助金について、約3440万円を詐取した疑いも持たれている。

情報源:【森友学園捜索】森友、診断書を捏造か 保護者5人「提出してない」(1/2ページ) – 産経WEST


へぇ・・・