日本郵便、フリマ/オークション向け「e発送サービス」開始

ふむ・・・


日本郵便(株)は20日、フリマアプリやオークションサイトなどのCtoCサービスとシステム連携し、手書きせずに送り状を発行して発送できる「e発送サービス」を郵便局やローソン店舗で開始した。フリマアプリ「メルカリ」「ラクマ」など、5つのECアプリが既に導入を決定し、「e発送サービス」を利用した配送サービスを開始した。

送り状の手書き不要で利便性向上

同サービスは、ゆうパック・ゆうパケットの利用が対象。配送料の一部を各ECサービスが負担するため、送料は通常よりも安くなる。

送り状の発行・発送ができる店舗は、送り状発行用端末「ゆうプリタッチ」を設置する約1000局の郵便局と、Loppiを設置するローソンの1万2300店舗。送料はECサイト上で決済される。

また、付加サービスとして、出品者・落札者が互いに名前と住所を知らせず、匿名で商品を配送できる「プライバシー配送」、コンビニエンスストア・郵便局・宅配ロッカー「はこぽす」で商品を受け取ることができる「拠点受取」サービスを提供する。付加サービスの利用は、ECサイトごとに異なる。

「e発送サービス」を導入予定のサービスは、フリマアプリの「FRIL(フリル)」「メルカリ」「ラクマ」と、オークションアプリの「モバオク」「ヤフオク!」。

(株)メルカリは、フリマアプリ「メルカリ」で、新発送サービス「ゆうゆうメルカリ便」を開始。「ゆうパケット」は175円(税込)で、「ゆうパック」は600円~900円(税込)。「拠点受取」「プライバシー配送」にも対応している。

楽天(株)はフリマアプリ「ラクマ」で、全国一律料金で商品を発送できる「ラクマ定額パック」に「ゆうパケット」と「らく得パック」を追加。「ゆうパケット」は最大A4サイズの荷物が全国一律料金180円(税込)で発送できる。中型の幅広い荷物を対象にした「らく得パック」は、全国一律で680円(年内に料金改定予定)。「拠点受取」に対応している。

ヤフー(株)では、オークションサービス「ヤフオク!」で、「e発送サービス」を「ゆうパック(おてがる版)」「ゆうパケット(おてがる版)」として提供。料金は「ゆうパック(おてがる版)」が480円(税込)、「ゆうパケット(おてがる版)」が205円(税込)。「拠点受取」に対応する。

情報源:ASCII.jp:日本郵便、送り状発行の「e発送サービス」開始…5アプリが導入


発表日:2017年6月19日

ローソン、日本郵便の新サービス「e発送サービス」を導入

フリマアプリでの“C to C EC”がさらに便利に!

6月20日(火)より、全国のローソンで

<参考資料>日本郵便「e発送サービス」導入

株式会社ローソン(本社:東京都品川区)は、全国のローソン店舗(12,397店:2017年5月末時点、「ストア100」除く)で、フリーマーケットやオークションサイトとのシステム連携による日本郵便株式会社の新サービス「e発送サービス」を導入します。6月20日(火)より、フリマアプリやオークションサイトで販売した商品の発送を、ローソン店舗で行うことが可能となります。

*参考資料は添付の関連資料を参照

メルカリなどのフリマアプリや、オークションサイトなどの個人間取引である“C to C EC”は、スマートフォンの急速な普及や、個人間取引のため消費税が不要などの理由から、若い女性や主婦層を中心に利用者が増加しています。中でもフリマアプリの年間市場規模は、平成28年度に約3,052億円(※)に達しています。

(※)経済産業省「平成28年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」より

「e発送サービス」では、決済はアプリやサイト上で完結しているため、店頭での支払いの必要がなく、1日最大2回の集荷にあわせ、スムーズに発送することができます。サイト上で取得した問い合わせ番号と認証番号(またはQRコード)を、ローソン店内に設置しているマルチメディア端末「Loppi」に入力(またはQRコードを読み込み)し、発券された「e発送サービス発送申込券」をレジにお持ち頂くことで、荷物の発送を行うことができます。

ローソンは、全国12,000店舗以上の店舗網を活かした、宅配サービスの注文・受け取りや、店舗での提供サービスを充実させることによる「オープンプラットフォーム」の構築を目指しています。ローソンの「コンビニ受取りサービス」では、現在33の取扱いサイトの商品が、全国のローソン店舗で受け取ることができます。

ローソンは今後も、お客様にとってさらに便利なサービスの提供を目指してまいります。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0448493_01.JPG

情報源:ローソン、日本郵便の新サービス「e発送サービス」を導入  :日本経済新聞


日本郵便は6月19日、フリマアプリやオークションサイトとシステム連携し、新サービス「e 発送サービス」を提供することを発表した。全国の郵便局やローソンの店舗で送り状の発行や、発送手続きができる。ヤマト運輸は2015年から同様の仕組みのサービスを提供していた。

対象商品は「ゆうパック」と厚さ3cmまでの「ゆうパケット」で、ゆうプリタッチを設置した約1000局の郵便局と、Loppiを設置した約1万2300店のローソンで、送り状の発行や発送が可能になる。ゆうプリタッチ設置郵便局は、2017年内に約5000局に拡大する予定だという。

「e発送サービスの取引全体フロー」

また、対応の有無はECサイトによって異なるが、出品者と購入者が、お互いの氏名や住所を知らせることなく、商品を配送できる「プライバシー配送」や、郵便局や宅配ロッカー「はこぽす」で受取れる「拠点受取」などのサービスも用意した。

e 発送サービスの開始当初は、「メルカリ」が「ゆうゆうメルカリ便」、「フリル」が「かんたんフリルパック(日本郵便版)」、「ラクマ」が「ラクマ定額パック」、「ヤフオク!」が「ゆうパック(おてがる版)」、「モバオク」が「らくらく定額便」として、それぞれ導入する。各社の料金は以下の通り。

各社の配送料金(「ヤフオク!」を除き全国一律)
メルカリ フリル ラクマ ヤフオク! モバオク
ゆうパケット 175円 179円 180円 205円 180円
ゆうパック(60サイズ) 600円 800円 680円(期間限定) 480円~ 600円
ゆうパック(80サイズ) 700円 900円 680円(期間限定) 780円~ 750円
ゆうパック(100サイズ) 900円 1150円 680円(期間限定) 1000円~ 900円

情報源:日本郵便、フリマ向け「e発送サービス」を開始–各社の配送料を比較 – CNET Japan


日本郵便は、フリーマーケットアプリやオークションサービスとの連携する「e発送サービス」を6月20日より提供する。連携するサービスは、メルカリやヤフオク、フリル、モバオク、ラクマの5サービス。

「e発送サービス」は、フリマアプリやオークションサービスで品物を販売する際、従来より手軽に送り状を作成でき、ローソンや郵便局から発送できるサービス。発送する際、フリマアプリやオークションサービスで送り状の情報を記したQRコードが発行され、ローソンの「Loppi」にかざえばレジでそのまま発送手続きできる。また全国1000局(年内5000局)にある端末「ゆうプリタッチ」にQRコードをかざせば送り状が印刷され、発送できる。利用できるのは「ゆうパック」「ゆうパケット」となる。

「e発送サービスの取引全体フロー」

配送料は、フリマアプリやオークションサービスの事業者が一部の料金を負担し、サービスごとに料金が異なる。たとえばラクマはゆうパック、ゆうパケットともにどのサイズでも料金は同じ。メルカリは、ゆうパックでサイズごとに料金を設定する一方で、ゆうパケットは一律175円としている。

購入者は自宅か、郵便局、コンビニエンスストア、宅配ロッカー「はこぽす」で受け取れる。

配送料
サービス名 ゆうパック ゆうパケット
メルカリ 600円~ 175円
ヤフオク 480円~ 205円~
ラクマ 680円 180円
フリル 800円~ 179円

関連リンク

情報源:メルカリやヤフオクで「ゆうパック」発送できる、日本郵便が「e発送サービス」 – ケータイ Watch


日本郵便は、フリマアプリやオークションサイトとのシステム連携による、個人間の配送サービス「e発送サービス」を6月20日から提供開始すると発表した。

e発送サービスでは、フリマアプリやオークションサイトで取引が成立すると日本郵便のシステムに連携。出品者は受け取ったQRコードを使えば宛名書きが不要、全国約1000店の郵便局または約1万2000店舗のローソンで送り状の発行と商品の発送ができる仕組みだ。

対象となるのは「ゆうパック」「ゆうパケット」による配送で、配送料金の決済はサイト上で完結、料金は一部をサイトの運営者が負担する(負担額はサイトにより異なる)。また利用するサイトによっては、出品者・購入者が互いに匿名で商品を配送するサービスや、商品の受け取り場所をコンビニエンスストア、郵便局、宅配ロッカー「はこぽす」に指定するサービスも利用できる。

6月19日現在、e発送サービスの導入を表明しているのはフリル」、「メルカリ」、「モバオク」、「ヤフオク!」、「ラクマの各サイト。このうちメルカリとラクマでは6月20日から新しい配送サービスを追加、フリルでは7月上旬からの提供を予定している。

メルカリの新配送サービス「ゆうゆうメルカリ便」は全国一律料金で利用でき、通常のゆうパケットやゆうパックの配送料金との差額はメルカリが負担する。A4サイズ・厚さ3cm・1Kg以内のゆうパケットのサイズであれば、メルカリ便の中でも最安値の175円(税込)で発送できる。出品者も購入者も住所・氏名のやり取りをせずに匿名で利用でき、購入者は郵便局、ローソン、ミニストップ、はこぽすでの受け取りが可能だ。

これまでメルカリでは、ゆうゆうメルカリ便と同じく、宛名書きが不要で匿名配送が可能、全国一律送料の配送サービス「らくらくメルカリ便」をヤマト運輸との連携で提供してきたが、自宅以外での商品受け取りが可能となるのは、ゆうゆうメルカリ便が初めてだ。

ラクマも、これまでヤマト運輸との提携で提供してきた全国一律送料の配送サービス「ラクマ定額パック」に、ゆうパケットと「らく得パック」を追加する。ゆうパケットの利用料金は全国一律180円(税込)、縦・横・高さの合計が100cm以内で30Kgまでのサイズのらく得パックは全国一律680円(税込・2017年内に料金改定予定)となる。ラクマ定額パックでも、ゆうパケットおよびらく得パック利用の場合は、郵便局、ローソン、ミニストップ、はこぽすで受け取ることができるようになる。

フリルでも、ヤマト運輸のネコポス、宅急便コンパクト、宅急便を利用できる全国一律送料の配送サービス「かんたんフリルパック」を提供してきた。7月上旬からスタートする「かんたんフリルパック(日本郵便版)」では、ゆうパケットの料金は全国一律179円となる予定だ。

情報源:日本郵便がメルカリらと連携、個人間配送サービスを提供——匿名配送やコンビニ受け取りにも対応 | TechCrunch Japan


日本郵便は20日より、フリーマーケットアプリやオークションサイトとのシステム連携による新サービス「e発送サービス」の提供を開始すると発表した。

インターネット上のフリーマーケットアプリやオークションサイトなどの個人間取引であるC to C ECはスマートフォンの普及や、それに伴うサービスの増加により、増加している。一方、商品を贈る際、送り状への手書きの記載や発送時の配送料金の現金支払いなどが出品者の大きな負担となっている。そこで今回、日本郵便はECサイトとシステム連携し、ECサイトでの出品から配送までを、より簡単・便利にする「e発送サービス」を提供する。

「e発送サービスの取引全体フロー」

本サービスでは、ゆうパック、ゆうパケットを対象に、各ECサイト運営者が配送料金の一部を負担した独自の料金設定で利用することができる。決済はECサイト上で完結するので、現金支払の手間が省ける。「ゆうプリタッチ」設置郵便局およびLoppi設置のローソンで送り状の発行・差出が可能だ。

さらに、出品者と購入者がお互いの氏名および住所を知らせることなく、商品を配送できる「プライバシー配送」や、コンビニエンスストア、郵便局、宅配ロッカー「はこぽす」での受け取りが可能な「拠点受取」といった付加サービスも行うという。ただし、ECサイトにより利用可能かどうかは異なる。

本サービスの導入を予定しているECサイトは、以下の通り。なお、各ECサイトの導入時期、サービス内容等の詳細は、各ECサイトから発表される。

導入予定ECサイト

情報源:日本郵便、「e発送サービス」提供開始 – EC利用者向け新サービス | マイナビニュース


日本郵便株式会社は、フリーマーケット/オークションサービスとのシステム連携による「e発送サービス」を20日より開始する。対象となる配送サービスは「ゆうパック」と「ゆうパケット」。

e発送サービスは、フリーマーケットやインターネットオークションなどの個人間売買における利用を想定したサービス。利用できるサービスは、株式会社Fablicの「フリル」、株式会社メルカリの「メルカリ」、株式会社モバオク「モバオク!」、ヤフー株式会社「ヤフオク!」、楽天株式会社「ラクマ」。

サービス提供各社のシステムと連携し、サービス各社が提供するQRコードを全国1000の郵便局に設置された「ゆうプリタッチ」、または1万2300店舗のローソンに設置されている「Loppi」で読み取ることで送り状を発行でき、そのまま荷物に貼り付けて発送・投函できる。

ゆうパケットの提供料金(税込)はそれぞれ全国一律で、メルカリが175円、フリルが179円、モバオク!とラクマが180円、ヤフオクが205円。

ゆうパック60サイズの提供料金(税込)は、ヤフオク!が480円だが、地域により料金は変動する。ほかの各社は地域によらず全国一律で、メルカリとモバオク!が600円、フリルが800円。ラクマでは100サイズまでの全サイズを全国一律の680円で提供する。日本郵便によれば、配送料金の一部は各社が負担しているとのこと。

日本郵便ではe発送サービスの提供により、フリーマーケットやオークションでの出品から発送までが、より簡単で便利になるとしている。

提供サービスによっては、互いの住所・氏名を知らせずに商品を配送できる「プライバシー配送」、コンビニや郵便局、宅配ロッカー「はこぽす」で受取可能な「拠点受取」といったサービスを利用可能。

なお、ヤマト運輸では、6月19日発送分から宅急便の時間帯指定枠において「12~14時」と「20~21時」を廃止し、夜間最終枠を「19~21時」に変更している。また、10月1日から基本運賃を140~180円値上げすることも、5月19日に発表している。

関連リンク

情報源:日本郵便、フリマ/オークション向け「e発送サービス」開始 -INTERNET Watch


0619_01_01
0619_01_02

情報源:「e発送サービス」の提供開始 – 日本郵便


ほぉ・・・

e発送サービス|ローソン