明治物流センターで火災、東京

ふむ・・・


東京・江東区の解体中の倉庫から出火 1人大けが

20日夕方、東京・江東区で、解体中の物流センターで火事があり、東京消防庁によりますと、およそ5000平方メートルが焼けたほか、22歳の作業員の男性が全身にやけどを負う大けがをしたということです。

20日午後4時すぎ、東京・江東区新砂で、解体中の4階建ての物流センターから火が出たと119番通報がありました。

消防車43台が出て消火活動に当たり、火はおよそ3時間半たった午後7時半に消し止められましたが、東京消防庁によりますと、物流センターの1階と2階の合わせておよそ5000平方メートルが焼けたほか、22歳の作業員の男性が全身にやけどを負う大けがをして病院で手当てを受けているということです。

警視庁などによりますと、解体工事はことし3月から行われ、出火当時は20人以上が作業をしていたということです。警視庁は作業員の話などから、2階で鉄骨をバーナーで切断した際に出た火花が壁のウレタン製の断熱材に飛んで燃え広がったと見て調べています。

現場は、東京メトロ・東西線の東陽町駅から300メートルほど離れた場所にある、会社やマンションが多く建ち並ぶ一角です。

「見ていて怖かった」

現場付近には煙が立ちこめていて、住宅や会社にいた人たちが口にハンカチをあてながら避難していました。

近所に住む男性は「空一面に煙が立ちこめて突然、辺りが暗くなって何事かと驚いた。炎は見えなかったが、臭いと煙が広がり、自分が住んでいるマンションにも燃えかすが飛んできてびっくりした」と話していました。

また、近くの会社にいた男性は「近くの建物から火が出たと館内放送で避難するように呼びかけられてすぐに出てきた。火が出た建物からは今までの火事で見たことがないくらい大量に煙が出ていて臭いがすごかった。けがはしなかったが、見ていて怖かった」と話していました。

情報源:東京・江東区の解体中の倉庫から出火 1人大けが | NHKニュース


火は東京都江東区で解体中の倉庫で発生。消防車など50台が消火活動にあたっている。共同通信が報じた。

共同通信によると、男性が1人けがをして、病院で手当を受けている。出火当時は25人ほどが作業していた。

警察によると、4階建ての倉庫の2階から出火。NHKによると、これまでにおよそ5000平方メートルが焼けた。

現在、火と煙のいきおいは収まりつつある。

​先の報道によると、ロンドン警察は、高層住宅「グレンフェル・タワー」で起きた火災について、死者および行方不明者が79人になったと発表した。

情報源:東京の倉庫で大規模火災【写真】


炎と黒煙を上げて燃える解体中の倉庫=20日午後、東京都江東区(辺見憲章さん提供)

20日午後4時10分ごろ、東京都江東区新砂の解体中の倉庫から火が出ていると119番があった。東京消防庁の消防車など50台が出動して消火活動に当たったが、4階建て倉庫延べ約5000平方メートルが焼けた。作業員の20代男性が全身にやけどを負い、重傷という。

同庁や警視庁城東署によると、火災があったのは明治の子会社「明治フレッシュネットワーク」の物流倉庫だった建物。工事関係者は鉄骨をバーナーで焼き切る作業中、壁の内装に使用されていたウレタンに燃え移ったと話しているという。当時23人が作業していたが、22人は避難して無事だった。城東署などが詳しい出火原因を調べている。

火災現場に隣接する竹中工務店東京本店によると、当時数百人が勤務していたが、全員を退避させ、そのまま退社させた。午後4時半ごろから煙が社屋内に流入し始めたといい、女性社員は「燃え移る恐れはなさそうだが、煙の臭いがする場所があった」と話した。

解体中の倉庫で発生した火災の消火活動に当たる消防隊員=20日午後、東京都江東区

別の会社の1階にいた千葉県柏市の会社員岡田進一さん(48)は、白煙が黒煙に変わり、炎が一気に広がる様子を目撃した。警察官に促され、社内にいた全員で避難。「煙で窓の外が夜中みたいに真っ暗になった。体全体に熱を感じた」と振り返った。

明治によると、倉庫は乳製品を貯蔵するための大型冷蔵庫などを備えた物流の拠点だった。延べ床面積は約9900平方メートルで、3月から解体作業を行っていたという。(2017/06/20-19:30)

情報源:解体中の倉庫で火災=明治子会社、作業員重傷-東京:時事ドットコム


「明治」物流センターで火事、視聴者が撮影

20日夕方、東京・江東区の解体工事をしている食品会社の物流センターから火が出ました。激しく延焼中で、消火活動が続いています。
20日午後4時10分ごろ、江東区新砂の大手食品会社「明治」の物流センターから火が出ました。

東京消防庁のポンプ車など26台が出動し消火活動が行われていますが、これまでに解体作業中の物流センターの建物など5000平方メートルが焼けたということです。けが人が複数いるとの情報があり、東京消防庁が確認を急いでいます。現場は東京メトロ東西線の東陽町駅から南東に300メートルほど離れたビルなどが立ち並ぶ一角です。

「明治」によりますと、現在は使用していない施設で、乳製品を保管する大型の冷蔵庫などが置かれていたということです。

情報源:「明治」物流センターで火事、視聴者が撮影 TBS NEWS


20日午後4時10分ごろ、東京都江東区新砂の解体中の倉庫で「建物から出火している」と119番通報があった。東京消防庁によると、この火事で4階建ての倉庫5千平方メートルが焼け、22歳の男性が軽傷を負った。東京消防庁が消火活動にあたっている。

現場は東京メトロ東陽町駅から南東に約300メートルの商業ビルが建ち並ぶ地域。

情報源:解体中の倉庫5千平方メートルが炎上 東京・江東 – 産経ニュース


20日午後4時10分頃、東京都江東区新砂にある食品大手「明治」の東陽町物流センターから出火、解体中の4階建て倉庫約5000平方メートルを焼いた。

この火災で、20歳代の男性作業員が全身にやけどを負って病院に搬送された。

警視庁城東署幹部によると、解体工事は板橋区の業者が請け負い、出火当時、二十数人が作業をしていた。工事関係者は「2階でバーナーを使って鉄骨を焼き切る作業をしていたところ、火花が内壁のウレタン材に燃え移り、一気に燃え広がった」と説明しているという。同署は21日にも現場検証を行い、出火原因を調べる。

明治によると、倉庫はバターやチーズなどの保管に使われていたが、今年2月に閉鎖。跡地は駐車場として利用する予定だった。同社広報部は「原因を究明して二度とこのようなことがないようにしたい」としている。

情報源:解体中の「明治」倉庫から出火、5千平方m焼く : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


明治物流センターで火災、東京

20日午後4時10分ごろ、東京都江東区新砂にある解体工事中の食品会社「明治」の物流センターで火災が起きていると東京消防庁に通報があった。同庁によると、20代の男性がけがをした。約5千平方メートルにわたって延焼しており、ポンプ車など約50台が出動し、消火作業を急いでいる。

警視庁城東署や東京消防庁によると、出火当時は25人前後が作業していた。工事責任者は「バーナーを使用して解体作業中、火花がウレタンに燃え移った」と話しているという。物流センターは4階建てで、2階から出火したとの情報もある。

明治によると、解体作業は3月に始まった。

情報源:明治物流センターで火災、東京 | ロイター


ハァ・・・