ロンドン 車突っ込み1人死亡 反イスラムのテロか | NHKニュース

ふむ・・・


ロンドン 車突っ込み1人死亡 反イスラムのテロか

イギリスの首都ロンドンのイスラム教の礼拝施設、モスクの近くで車両が歩行者に突っ込み、1人が死亡、10人がけがをし、警察はテロ事件の可能性もあると見て捜査していて、地元のメディアは、イスラム教徒に対する敵意をもった人物による犯行だったという見方を伝えています。

ロンドン北部のフィンズベリーパークで19日未明(日本時間19日午前8時半ごろ)、バンが歩行者に突っ込み、1人が死亡し、10人がけがをしました。バンを運転していた48歳の男は居合わせた人たちにその場で取り押さえられ、その後、殺人未遂の疑いで警察に逮捕されました。

目撃者によりますと、近くにあるイスラム教のモスクから礼拝を終えた信者が出てきたところに、突然バンが突っ込み、次々に人をはねたということです。

ロンドン警視庁は記者会見し、死傷者がすべてイスラム教徒の住民だったことを明らかにしたうえで、容疑者の男が単独で引き起こしたテロ事件の可能性もあると見て、男の動機などについて捜査を進めているとしています。

また、イギリスのメディアは、イスラム教徒に対する敵意を持った人物による犯行だったという見方を伝えていて、イスラム教徒の団体の幹部はツイッターで、「強い衝撃と怒りを覚える」と事件を強く非難しました。

イギリスではこのところイスラム過激派の影響を受けたと見られる人物によるテロ事件が相次いでいますが、新たにイスラム教徒を標的にしたと見られる凶悪事件が起きたことで、社会の分断が深まることへの懸念の声も上がっています。

「3人」の情報を否定

ロンドン警視庁は日本時間午後4時半ごろ会見を開きました。この中で警察は、車を運転していたと見られる男を、殺人未遂の疑いで逮捕したことを明らかにしたうえで、当初伝えられていた車に3人が乗っていたという情報については、「車にはほかに誰も乗っていなかった」として否定しました。

ロンドン市長が犯行非難「市民に対する意図的な攻撃」

ロンドンのカーン市長は声明を出し、事件の詳細はまだわかっていないとしたうえで、「罪のないロンドン市民に対する意図的な攻撃だ。その多くは祈りを終えた人たちだった」と犯行を非難しました。

そのうえで、「特定のコミュニティーに対する攻撃に見えるが、イギリスで相次ぐ攻撃と同様、私たちが共有する寛容、自由、それに尊敬といった価値への攻撃でもある」と述べて、容認できないという考えを強調しました。

英首相「イスラム教徒が標的」

ンドン北部で起きた事件を受けてメイ首相は19日朝、緊急の治安対策会議を開いたあと首相官邸の前で演説しました。この中でメイ首相は事件がイスラム教徒を狙った犯行だったという見方を示し「今回の攻撃もこれまでのテロ事件と同様、忌み嫌うべき事件であり、日常の生活を営む人たちが再び標的にされた」と述べ、事件を厳しく非難しました。

さらに逮捕されたのが48歳の白人の男だったことを明らかにしたうえで「イギリスは長年、過激な思想に対して寛容でありすぎた。その中にはイスラム教徒を敵視する思想も含まれている」と述べ、イスラム教徒を差別したり敵視したりする過激思想も厳しく取り締まり、モスクなどの警備を強化することも検討する考えを示しました。

そのうえでメイ首相は「言論や信仰の自由が脅かされてはならない。憎悪や邪悪な行為は決して成功しないだろう」と述べ、国民に対してテロに屈することなく結束を強めるよう呼びかけました。

情報源: ロンドン 車突っ込み1人死亡 反イスラムのテロか | NHKニュース

ほぉ・・・