夢の技術「宇宙エレベーター」 日本の学生ら披露 | NHKニュース

ほぉ・・・


夢の技術「宇宙エレベーター」 日本の学生ら披露

地上と宇宙空間をケーブルで結んで行き来できるようにする夢の技術「宇宙エレベーター」の実用化に向けた国際的な協力を進めようと、東南アジアで初めてとなるデモンストレーションがタイで行われ、日本の大学生のチームがロボットを披露しました。

宇宙エレベーターは、高度3万6000キロ付近の静止軌道の衛星などからケーブルを伸ばし、地上と宇宙との間をゴンドラで行き来するもので、本格的な宇宙開発に欠かせない技術とされています。

19日、タイの首都バンコクでは、東南アジアで初めてとなる宇宙エレベーターのデモンストレーションが、高さ100メートル余りのビルを使って行われ、神奈川大学の学生らが制作したロボットがビルの屋上から垂らしたケーブルをするすると上り下りしました。

見学に集まったタイの産業界や大学の関係者を前に、日本の宇宙エレベーター協会の大野修一会長は「宇宙エレベーターは今世紀の半ばには実現が可能で、タイと日本の産業界が一緒になって開発すれば、世界をリードできる。一緒にプロジェクトに参加し、世界を変えていきましょう」と協力を呼びかけました。

宇宙エレベーターは、理論上赤道近くに設置するほうがよいとされ、東南アジア諸国は地理的に適しているうえに、自動車産業など関連する技術の基盤もあることから、日本側はタイなどが実用化に向けた有望な協力相手になると期待しています。

情報源: 夢の技術「宇宙エレベーター」 日本の学生ら披露 | NHKニュース

ふむ・・・