生活保護受給世帯の子どもの進学後押し 支給減額縮小を検討 | NHKニュース

ふむ・・・


生活保護受給世帯の子どもの進学後押し 支給減額縮小を検討

厚生労働省は、生活保護を受給している世帯の子どもの進学を後押ししようと、子どもが大学などに進学したあとも家族と同居する場合は「住宅扶助」の加算を残すなど、世帯に対する生活保護の支給額の減額を今よりも少なくする方向で検討を始めました。

今の生活保護の制度では大学などに進学した子どもは対象から外れ、世帯に対する支給額が減ることから、超党派の国会議員でつくる議員連盟などは「家族の負担が増えることを懸念して、意欲があっても進学を諦めるケースがある」と指摘しています。

このため、厚生労働省は、生活保護を受給している世帯の子どもの進学を後押ししようと、大学などに進学した子どもが対象から外れる今の制度は維持しながらも、世帯に対する支給額の減額を今よりも少なくする方向で検討を始めました。

具体的には、子どもが進学したあとも家族と同居する場合、家賃を補助する「住宅扶助」の子ども分の加算を残すことを検討していて、東京23区内に住む母親と子ども1人の世帯では、減額がこれまでの5万円余りから4万円余りに抑えられます。

厚生労働省は、来年4月に進学する子どもがいる世帯にも適用できるよう、必要な予算を来年度予算案の概算要求に盛り込みたい考えです。

情報源: 生活保護受給世帯の子どもの進学後押し 支給減額縮小を検討 | NHKニュース

ほぉ・・・