出そろった豪華列車、どれに乗る? 乗車後に口外禁止も:朝日新聞デジタル

ふむ・・・


大阪駅を出発する豪華寝台列車「瑞風」の一番列車=17日午前10時20分、JR大阪駅、加藤諒撮影

JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の一番列車が17日、大阪駅を出発した。山陰地方をめぐり、山口・下関駅に至る1泊2日の旅。乗客は1日1駅で途中下車し、周辺観光を楽しむ。

乗客は最高67倍の抽選を通った31人。夫と乗った大阪府吹田市の小林あやかさん(39)は「歴史的な列車に乗れてすごくうれしい。特別な時間と空間の全てを楽しみたい」。夫とは引退した先代の寝台特急「トワイライトエクスプレス」で2年前に知り合い、16日に結婚したばかり。新婚旅行も兼ねて瑞風に乗る。「『もう一度、トワイライトに』と思っていた」。午前10時20分、多くの人に見送られて旅に出た。

11月までの申し込みは終わり、12月と来年2月(1月はメンテナンスで運休)の出発分を募集している。1泊2日と2泊3日の計5種類のコースがあり、料金は1人25万~120万円。(広島敦史)

■3大豪華寝台の時代

JR各社の豪華列車の特徴

出発進行――。JR西日本のトワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)が運行を開始。東日本の「トランスイート四季島(しきしま)」、九州の「ななつ星in九州」と、JRの3大豪華寝台列車時代がやってきた。あなただったらどれに乗りますか?

3列車の共通点は、料金が運賃と食費、宿泊費を含めて20万円以上▽沿線の工芸品や美術品を施した豪華な車内▽有名シェフが監修し、地元食材を使った料理を味わえる▽途中駅で列車を降りる「立ち寄り観光」を実施――など。ちょっと手の出しづらい料金だが、ともかく「豪華」が売り。

今回走り出した瑞風のコンセプトは「美しい日本をホテルが走る」。3種類の16客室に最大34人まで乗れる。全室シャワー、トイレ付きだが、最上級の「ザ・スイート」は1両丸ごと1室で、バルコニーやバスタブも備える。最後方の展望車は走行中でも外に出られ、景色を眺められる。JR西の担当者は「海沿いでは風と潮の香りが感じられる」とアピールする。

京都・大阪―下関駅間を山陽、山陰のいずれか片道で巡る1泊2日や、京都・大阪駅から山陽、山陰両方を周遊する2泊3日のコースがある。JR西は運行開始に合わせ、駅の改装なども実施。立ち寄り先では、普段は非公開の観光施設を見学できるなど「特別感」を演出する。

一方、5月から走っている四季島は3種類17客室で、定員は瑞風と同じ34人。最高級の「四季島スイート」はメゾネットでヒノキ風呂つき。客室内は和紙や木を使い、「和」を意識している。発着は全て上野駅13番ホーム。かつて東北・北海道方面の寝台列車が使っていた。

東北新幹線でも導入している上下、左右の揺れを抑える新技術を採用。床と床下に制御ゴムを挟み、防振・防音効果を高めた。

コースは多彩で「地域をつなぐ懸け橋」をうたう。最長は太平洋側を北海道まで北上し、日本海側から戻る3泊4日の約2300キロ。山梨や長野、福島を回る1泊2日、青森や宮城の各地を観光する2泊3日のコースもある。定番以外に季節ごとに特別コースも設定する。
一部コースでは「乗車後に口外してはならない」という乗客への「サプライズ」も用意している。来年4~6月出発分は7月31日まで受け付けている。

2013年10月に運行を始め、豪華列車の先駆けとなった「ななつ星」は14客室。デザインは「和洋折衷」がテーマで、外観の赤色は「古代漆」を表現、車内に生演奏用のピアノが置かれる。

九州を右回りに一周し、車内2泊、旅館1泊の3泊4日コースは最高155万円だ。5年目を迎えたが、募集を終えた10月~来年2月出発分の抽選倍率は平均16倍、最高166倍だった。ルートや立ち寄り先を少しずつ変え、「一定のリピーターがいる」(JR九州の担当者)という。

当初ルートにあった阿蘇地方は昨年の熊本地震の影響で通っていないが、来年3月からは再び乗り入れる方針で、募集は10月からを予定している。(宮山大樹)

■「先代」の車掌、乗り込む

大阪駅を出発する豪華寝台列車「瑞風」の一番列車=17日午前10時19分、JR大阪駅、加藤諒撮影

17日に運行を始めたJR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」は、引退した寝台特急「トワイライトエクスプレス」の名を受け継ぐ。この日の一番列車には先代トワイライトで車掌を務めた長尾寛(ひろし)さん(53)が、接客の責任者「列車長」として乗り込んだ。

1989年に誕生したトワイライトは、大阪―札幌間の定期運行を15年3月に終了。臨時列車の運行も昨年3月に終えた。瑞風は、車体の深い緑色と天使のロゴマークを引き継ぐ。

82年に旧国鉄入りした長尾さんは3年後から車掌一筋。01年にトワイライトの車掌になった。定期運行の最終列車で、大阪到着時に「トワイライトは、私たちの心の中をいつまでも走り続けます。ありがとうトワイライト、さようならトワイライト」と車内放送。翌年の引退まで乗り続けた。

瑞風の「列車長」は途中で交代する運転士や車掌と異なり、旅の始めから終わりまで接客や調理をする15人のトップだ。

寝台列車や夜行列車が老朽化で次々引退し、引き継げずに嘆く先輩らを見てきた。「私たちにとって列車がなくなることが一番悲しい」。瑞風ならば30年の車掌経験を生かし、後輩にも引き継げると思い、志願した。2代のトワイライトを乗り継ぐことに、「感慨深いです。縁ですね」と話す。

緑色の制服は変わらないが、放送や扉の開閉が主な車掌と違い、「列車長はホテルマンそのもの」。言葉遣いや所作、ワインの注ぎ方などを学び、東京の帝国ホテルでも研修してきた。「客室で過ごしたい方もいれば、我々と話をしたい方もいる。お客さまが求めることを先に見つけ、一人ひとりに合ったおもてなしをしたい」(広島敦史)

情報源: 出そろった豪華列車、どれに乗る? 乗車後に口外禁止も:朝日新聞デジタル

ほぉ・・・