イージス衝突 コンテナ船長らから事情聴取

ふむ・・・


衝突したイージス駆逐艦の映像 米海軍が公開

静岡県南伊豆町の沖合でアメリカ海軍のイージス駆逐艦がフィリピン船籍のコンテナ船と衝突した事故で、アメリカ海軍はイージス艦の映像を公開しました。
17日付けで公開された映像はイージス艦が所属する横須賀基地の岸壁から撮影されたもので、船体の右側が大きく壊れたイージス艦がタグボートにゆっくりとえい航され、接岸しようとする様子が映っています。

続いて、アメリカ海軍第7艦隊のジョセフ・アーコイン司令官が、カメラに向かって「われわれは行方不明になっている乗組員の捜索を続けており、日本のパートナーに感謝したい」と述べ、日本側の協力に対して感謝の意を表明しています。

情報源:衝突したイージス駆逐艦の映像 米海軍が公開 | NHKニュース


米イージス駆逐艦衝突 乗組員7人不明 捜索続く

17日、静岡県南伊豆町の沖合でアメリカ海軍のイージス駆逐艦とコンテナ船が衝突し、イージス艦の艦長ら3人がけがをし乗組員7人が依然として行方不明になっています。第3管区海上保安本部はアメリカ海軍とともに乗組員の安否の確認を進めるとともに、アメリカ側と協議しながら事故の状況を詳しく調べることにしています。

17日午前1時半ごろ、静岡県南伊豆町の石廊崎からおよそ20キロ沖合で、アメリカ海軍横須賀基地に配備されているイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」とフィリピン船籍のコンテナ船「ACX CRYSTAL」が衝突し、イージス艦の艦長と乗組員2人の合わせて3人がけがをし、乗組員7人が依然として行方不明になっています。

イージス艦は右の側面が激しく壊れ、乗組員の居住スペースや機械室などが浸水していたということです。アメリカ海軍は艦内の水を取り除くなどして行方不明者の捜索を続けているほか、ダイバーを投入しイージス艦の船底周辺の破損状況なども調べています。また、海上保安本部も事故が起きた現場周辺で行方不明者がいないか巡視船などで捜索しています。

一方、コンテナ船も17日に東京の大井ふ頭に入港し、海上保安部の担当者が船体の状況を調べました。今回の事故はアメリカ海軍の公務中の事故のため日米地位協定に基づき、アメリカ側に優先的に裁判権が認められています。海上保安本部は、イージス艦とコンテナ船が衝突した事故の状況を解明するためアメリカ側と協議しながら業務上過失往来危険の疑いで調べることにしています。

情報源:米イージス駆逐艦衝突 乗組員7人不明 捜索続く | NHKニュース


コンテナ船との衝突で損傷した米海軍イージス駆逐艦フィッツジェラルドの右舷部分=17日午前8時2分、静岡県下田市沖(共同通信社ヘリから)

17日午前1時半ごろ、静岡県南伊豆町にある石廊崎の南東約20キロ沖の太平洋で、米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)を拠点とするイージス駆逐艦フィッツジェラルド(8315トン、全長154メートル)と、フィリピン船籍のコンテナ船ACXクリスタル(2万9060トン、222・6メートル)が衝突した。イージス艦は右舷の艦橋付近が大破、乗組員7人が行方不明になり、3人が負傷した。

第3管区海上保安本部(横浜)は7人を捜索し、業務上過失往来危険容疑を視野に捜査。東京・大井ふ頭に到着したコンテナ船に立ち入り、船長や乗組員から事情を聴いた。捜査関係者によると、乗組員は「イージス艦と同じ方向に航行していてぶつかった」と話している。コンテナ船の衝突による損傷は船首左側にあり、イージス艦の右後方からコンテナ船がぶつかった可能性がある。

3管や米海軍によると、17日午前2時25分ごろ、コンテナ船から「米艦船と衝突した」と3管に通報があった。海保は双方の船の進路や見張りの状況などを詳しく調べる方針。横須賀基地に到着したイージス艦については、日米地位協定で1次裁判権が米側にあり、情報提供を依頼した。運輸安全委員会の船舶事故調査官もコンテナ船で船体の調査などを実施した。

米海軍イージス駆逐艦との衝突で破損したコンテナ船の船首部分=17日午前7時44分、東京・伊豆大島沖(共同通信社ヘリから)

3管の巡視船艇や航空機が現場周辺で行方不明者を捜索、米海軍もイージス艦内に取り残された可能性があるとして浸水区域を捜す。米海軍によると、負傷者の1人は艦長のブライス・ベンソン中佐。

イージス艦は約300人乗りで、警戒任務のため16日に横須賀基地を出港した。コンテナ船は日本郵船が運航、16日夕に名古屋港を出て大井ふ頭に向けて航行中で、フィリピン国籍の20人が乗っていたがけが人はなかった。

情報源:【米イージス艦衝突】米イージス艦と比コンテナ船衝突 7人不明・3人負傷 3管、船長らから事情聴取(1/2ページ) – 産経ニュース


イージス衝突 コンテナ船長らから事情聴取

17日未明、静岡県の石廊崎の沖合で、アメリカ海軍のイージス艦とフィリピン船籍のコンテナ船が衝突した事故で、海上保安本部は、業務上過失往来危険の疑いを視野にコンテナ船の船長らから事情聴取するなどして、捜査を始めた。

17日未明、静岡県の石廊崎の沖合で、アメリカ海軍のイージス艦とフィリピン船籍のコンテナ船が衝突した事故で、海上保安本部は、業務上過失往来危険の疑いを視野にコンテナ船の船長らから事情聴取するなどして、捜査を始めた。

第3管区海上保安本部やアメリカ海軍などによると、17日午前1時半頃、静岡県南伊豆の石廊崎から南東におよそ20キロの沖合で、アメリカ海軍のイージス艦・フィッツジェラルドとフィリピン船籍のコンテナ船が衝突した。

アメリカ海軍のイージス艦は、右側の中央部分が大きく損傷し、乗組員およそ300人のうち艦長ら3人がケガをしたほか、乗組員7人が行方不明だという。

海上保安本部などは海の捜索を続けているが、行方不明者は浸水した艦内に取り残されている可能性もあるという。

衝突現場周辺の伊豆半島沖は船の航行が集中する海域で、過去5年間で3件の衝突事故があり、政府が事故防止のための国際ルール適用に向けて、手続きを進めているところだった。

コンテナ船は17日午後5時過ぎに東京・大井埠頭(ふとう)に到着し、海上保安本部は、業務上過失往来危険の疑いを視野に、コンテナ船の船長らから事情聴取するなどして捜査を始めた。コンテナ船には、船の位置や速度を記録する航海情報記録装置がついていて、その記録などを調べる方針。

また、国の運輸安全委員会の事故調査官も立ち入り調査を行っている。

一方、イージス艦も17日午後6時頃に横須賀基地に到着したが、海上保安本部によると、日米地位協定によりイージス艦への捜査については直接できないことから、今後、アメリカ海軍と協議を行う方針。

情報源:イージス衝突 コンテナ船長らから事情聴取|日テレNEWS24


ハァ・・・