アマゾン、NYにリアル書店 通販データ活用に書店界戦々恐々 : J-CASTニュース

ふむ・・・


ネット通販最大手のアマゾンが2017年5月下旬、ニューヨーク・マンハッタンの大型商業施設内に全米で7つ目となる実店舗の書店をオープンし、話題を呼んでいる。

年内にマンハッタンでもう1店舗開業するほか、西海岸のカリフォルニア州などで6店舗を計画中だ。アマゾンの攻勢にさらされる既存の書店は「新たな旋風」の行方を固唾を飲んで見守っている。

Amazon Booksの店内の様子(写真はアマゾン公式サイトhttps://www.amazon.com/b?node=13270229011より)

かつて大手書店があった場所に

アマゾンがネット通販で販売する書籍は全米の約半数を占めるともいわれ、ガリバーと言える圧倒的な販売力を誇っている。既存書店への影響は多大で、2000年代に全米2番目の書店チェーンを展開し、約500の店を運営していたボーダーズ・グループは2011年に破綻している。

今回、アマゾンが出店した商業施設はセントラルパークに隣接した好立地のタイムワーナー・センター。高級ブランドショップや有名レストランが入り、マンハッタンでもよく知られている場所だ。ここにはボーダーズが以前、出店していただけに余計、注目を集めた。

実店舗のノウハウは2年前からスタートしたシアトルなどの先行店舗で蓄積していたようだ。置かれている本は3000タイトルほどと多くないが、ベストセラーやアマゾンの読者評で5段階の4以上の評判のよいものが並んでいる。

書店関係者が注目するのがアマゾンの注文サイトや電子書籍キンドルとの連動だ。注文サイトで3000人近くが良書と評価した歴史書を目立つ場所においているほか、「キンドルで3日以内に読める本」というコーナーもある、これはアマゾンが運営する電子書籍キンドルで購入した読者のうち、3日以内で読み終えた人が多かった実績を基にしているという。キンドルで本を読むとき、どこまで読んだかや、いつ読み終えたか気にしている人はあまりいないだろうが、アマゾンは手に入れた「ビッグデータ」をしっかり販売促進に使っている。

陳列方法にもさまざまな工夫がある。一般の書店では陳列スペースをとらないよう背表紙を見せる並べ方が多いが、アマゾンでは必ず表紙を見せる陳列方法をとった。

プライム会員は書店でも安く

米国では人気の新刊書でも安売りするところが少なくない。アマゾンでは店内のスキャナーやスマホの専用アプリで本を読み取るとその値段が表示される。アマゾン・プライムと呼ばれる有料会員と非会員で値段が大きく異なる。この店舗を紹介した米国のテレビCNBCのリポートによると、非会員なら定価32.5㌦(約3600円)の本が会員だと半値以下の15.3㌦で購入できたそうだ。これもプライム会員を優遇し、誘導しようとする仕組みのようだ。購入は現金ではなく、クレジットカードかデビットカードによる決済。これも注文サイトと同じやり方で、米国では一般的だ。

挑戦を受ける既存書店の反応はどうだろうか。アマゾンの実店舗を詳しく紹介したニューヨーク・タイムズは、販売データに基づいた品揃えをするアマゾンと異なり、ベストセラーから、あまり知られない本まで多彩な品ぞろえを重視する独立系書店の経営者クリス・ドブリンさんの声を紹介している。

「お客さんは実体験や実際の選択にますますお金を使うようになってきている。これまではアマゾンのネットサイトでの挑戦と戦ってきたが、これからは実店舗の挑戦もはね返さなくてはならない。」

今のところアマゾンは米国以外での店舗展開については明らかにしていない。

情報源: アマゾン、NYにリアル書店 通販データ活用に書店界戦々恐々 : J-CASTニュース

ほぉ・・・