弾道ミサイル発射 排他的経済水域の外側に落下か 防衛省 | NHKニュース

ふむ・・・


21日夕方、北朝鮮の西岸から弾道ミサイル1発が発射され、日本海の日本の排他的経済水域の外側に落下したと推定されています。防衛省は自衛隊のレーダーで探知した情報などをもとにミサイルの種類など詳しい分析を進めています。

防衛省によりますと、21日午後4時59分ごろ、北朝鮮西岸から弾道ミサイル1発が東の方向に向けて発射され、日本海に落下したと推定されるということです。

ミサイルは飛行の途中で2つに離れ、日本の排他的経済水域の外側に落下したと推定されるということです。

国土交通省によりますと、船舶や航空機への被害の情報は入っていないということです。

弾道ミサイルの発射を繰り返している北朝鮮は、1週間前の先月14日にも1発を発射し、この時はミサイルの高度が通常より高い2000キロを超え飛行時間はおよそ30分間におよびました。

防衛省は自衛隊のレーダーで探知した情報などをもとに、今回の飛行コースやミサイルの種類など詳しい分析を進めています。

外務省 情報確認 抗議へ

外務省は、北朝鮮から飛しょう体が発射されたという情報について確認を急ぐとともに、外交ルートを通じて北朝鮮に抗議することにしています。

情報源: 弾道ミサイル発射 排他的経済水域の外側に落下か 防衛省 | NHKニュース

ハァ・・・