北朝鮮の新型ミサイル 射程最大5000キロか 韓国国防省 | NHKニュース

ふむ・・・


北朝鮮が14日に発射した新型の中距離弾道ミサイル「火星12型」について、韓国国防省は、弾頭が大気圏に再突入する際の安定性を検証する必要があり、ICBM=大陸間弾道ミサイルの水準に至っていないとする一方、射程は最大で5000キロに達すると見られ、中距離弾道ミサイル「ムスダン」よりも性能が向上しているという見方を明らかにしました。

北朝鮮は14日、北西部・ピョンアン(平安)北道のクソン(亀城)付近から、新型の中距離弾道ミサイルの「火星12型」1発を日本海に向けて発射し、高度が初めて2000キロを超えたと推定されています。

これについて、韓国国防省は16日に国会で開かれた緊急の国防委員会で、ミサイルは発射と飛行に成功したとしたうえで、弾頭が大気圏に再突入する際の安定性を検証する必要があり、ICBM=大陸間弾道ミサイルの水準に至っていないとする分析を示しました。

一方で、今回、角度をつけて高く打ち上げられたミサイルが、通常の角度で発射された場合は射程が最大で、アメリカ軍基地のあるグアムを越える5000キロに達すると見られ、中距離弾道ミサイル、ムスダンよりも性能が向上しているという見方を明らかにしました。

このほか、韓国の軍事専門家からは今回のミサイルには、ことし3月に北朝鮮が地上で燃焼実験を行った新型の大出力エンジンが使われていて、性能はムスダンとICBMの中間に当たり、北朝鮮が開発を進めるICBMが2~3年以内に完成する可能性があるという見方も出ています。

情報源: 北朝鮮の新型ミサイル 射程最大5000キロか 韓国国防省 | NHKニュース

ほぉ・・・