自衛隊機墜落 発見の4人は自衛隊員 全員死亡

やっぱり、ダメだったか・・・


北海道で起きた自衛隊機の墜落事故で防衛省は、連絡偵察機に搭乗していた自衛隊員4人全員の死亡を確認したと発表した。

情報源:自衛隊機墜落 自衛隊員4人全員の死亡確認 | NNNニュース


北海道の函館空港の西を飛行中に行方がわからなくなった陸上自衛隊の連絡偵察機は16日午前、北斗市の山中で墜落しているのが見つかり、現場で乗員と見られる4人が見つかりました。防衛省によりますと、4人はいずれも乗っていた自衛隊員で、全員の死亡が確認されたということです。

15日昼前、札幌市の丘珠空港を飛び立った4人が乗った陸上自衛隊のLR2連絡偵察機が函館空港の西およそ30キロの山の上空を飛行中、レーダーから機影が消えて行方がわからなくなり、自衛隊や警察が捜索したところ、16日午前、北斗市の山中で墜落しているのが見つかりました。

その後、現場から4人が見つかり、防衛省によりますと、いずれも乗っていた自衛隊員で全員の死亡が確認されたということです。死亡が確認されたのは、機長の高宮城効1等陸尉(53)、副操縦士の柳田智徳3等陸佐(41)、整備員の岡谷隆正2等陸曹(42)、整備員の玉木宏伸3等陸曹(28)の4人です。

警察によりますと、機体が墜落した現場は標高3百数十メートルの山の斜面で、周囲には破片が散乱し、機体は原形をとどめないほど大破しています。

墜落した自衛隊機は連絡が途絶える直前まで地上の管制官との交信で異常を知らせるやり取りはなかったということで、自衛隊は今後、事故調査委員会を立ち上げて墜落の原因を調査することにしています。

統幕長「痛恨の極み」

自衛隊機の墜落事故について、自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長は臨時の記者会見を開き、「国民や地元の人たちにご心配をおかけし、おわびしたい。隊員4人を失ったことは痛恨の極みで、ご遺族に対して心からお悔やみを申し上げる。原因については、今後、自衛隊の事故調査委員会を設置するので、その調査結果を待ちたい。このような事故を再び起こさないよう原因究明と再発防止策を徹底したい」と述べました。

稲田防衛大臣は、16日夜、防衛省で記者団に対し、「かけがえのない4名の隊員の命が失われたことに関して、防衛大臣として痛恨の極みだ。今後は、機体の残骸と現場の状況を確認したうえで、陸上幕僚長が設置した事故調査委員会で、事故の原因を究明し、再発防止に取り組んでいきたい」と述べました。

北海道知事「大変残念」

北海道の高橋知事は記者会見で、陸上自衛隊機が墜落した事故について、「北海道の要請に応じて、緊急搬送に向かった自衛隊の皆様が、このような形で発見されたのは大変残念だ」と述べました。

この中で、高橋知事は陸上自衛隊には救急患者の搬送をはじめ、台風被害や、災害派遣などで尽力してもらっているとして謝意を示しました。

そのうえで、「北海道の要請に応じて、緊急搬送に向かった自衛隊の皆様が、このような形で発見されたのは大変残念だ」と述べました。

専門家 衝突回避の措置とらなかったか

今回の事故について、日本航空の元機長で航空評論家の小林宏之さんは「現場の状況を見ると、一点にまとまるように機体の破片が散らばっているので、衝突回避の措置をとらずに突っ込んでしまったことが考えられる。木々をなぎ倒した跡が広範囲にわたっていないので、パイロットが飛行機の高度に問題がないと信じ切って雲の中を飛行し、そのまま山に激突した可能性が高い」と指摘しています。

そのうえで、考えられる原因として、「今回は計器を使って滑走路に進入する方式で飛行していたということなので、なんらかのトラブルで計器に誤った表示が出ていた可能性も考えられる。また、不安定な気象の条件も影響したのかもしれない。1つのトラブルで事故が起こることは現在はほとんどないので、あらゆる可能性を排除せず原因を究明する必要がある」と話しています。

情報源: 自衛隊機墜落 発見の4人は自衛隊員 全員死亡 | NHKニュース


ご冥福をお祈りいたします。