稀勢の里 「北斗の拳」の”ラオウ”の化粧まわしで土俵入り | NHKニュース

ほぉ・・・


大相撲夏場所初日の14日、3場所連続優勝を目指す横綱・稀勢の里は漫画「北斗の拳」のキャラクターの化粧まわしを締めて、東京の本場所で初めての横綱土俵入りを行いました。

横綱として初めて両国の国技館で行われる本場所に臨む稀勢の里は、初日の14日、漫画「北斗の拳」のキャラクター、「ラオウ」が描かれた化粧まわしを締めて、「雲竜型」の土俵入りを行いました。

また、太刀持ちの関脇・高安は主人公の「ケンシロウ」、露払いの前頭8枚目・松鳳山は「トキ」が描かれた化粧まわしを締めました。

この三つぞろいを贈った会社によりますと、稀勢の里は先代の師匠の元横綱・隆の里の鳴戸親方から「孤独にならないと強くならない」と教えられてきたことから、主人公の「ケンシロウ」でなく、孤独に戦う「ラオウ」をみずから選んだということです。

稀勢の里は14日の土俵入りでは、先場所のけがを負ったあととは違い、左腕や左胸にテーピングはなく、両手を打ち合わせる「かしわ手」も力強さが戻って「バチン」と大きな音を会場に響き渡らせていました。

情報源: 稀勢の里 「北斗の拳」の”ラオウ”の化粧まわしで土俵入り | NHKニュース

へぇ。