警察署内の現金盗難事件 連休期間狙った内部犯行か | NHKニュース

内部犯以外にないでしょ。


広島市の広島中央警察署で、詐欺事件の証拠品として金庫に保管されていた現金8500万円余りが盗まれた事件で、金庫の鍵を管理していた机の引き出しは鍵が壊された状態でしたが、大型連休の前には異常は確認されていなかったことが捜査関係者への取材でわかりました。警察は署員が少ない連休期間を狙った内部の犯行の疑いがあると見て捜査しています。

今月8日、広島市の広島中央警察署で、詐欺事件の証拠品として金庫に保管されていた現金8572万円がなくなっていることがわかり、警察は窃盗事件として捜査しています。

警察によりますと、盗まれた現金はことし2月に詐欺事件の捜査で関係先から押収されたもので、1階の会計課の金庫に保管され、金庫の鍵は会計課長が鍵のかかる机の引き出しに入れて管理していたということです。

事件発覚の際、この机の引き出しは鍵が壊された状態でしたが、大型連休の前には異常は確認されていなかったことが、捜査関係者への取材でわかりました。事件が発覚した今月8日は大型連休が明けた日で、連休中は、警察署ではふだんより署員が少ない当直態勢が取られていたということです。

警察は、署員が少ない連休期間を狙った内部の犯行の疑いがあると見て、署員から事情を聴くなどして捜査しています。

情報源: 警察署内の現金盗難事件 連休期間狙った内部犯行か | NHKニュース

ハァ・・・