広島が連敗を4で止める 4番・鈴木が2打席連続アーチ

やっぱり、カープって先行逃げ切りができないのかな・・・


<ヤ・広>7回2死一塁、左越えに逆転2ランを放つ鈴木

セ・リーグ 広島8―7ヤクルト ( 2017年5月10日 神宮 )

広島は鈴木が2本塁打を含む3安打5打点と大暴れ。一時は逆転された試合を再度ひっくり返して連敗を4で止めた。

初回に丸、鈴木の連続適時二塁打と新井の右犠飛で3点先制。3回には鈴木の左越え2ランで追加点を挙げたが、先発の大瀬良がリードを守れない。2回に大引に左越え2ランを浴び、5回には雄平の中犠飛とバレンティンの中越え3ランで4点を失い逆転を許した。

1点を追う7回、2死一塁の場面で鈴木がこの日2発目となる本塁打を左翼席へ叩き込み再逆転。9回には丸の中越え本塁打も飛び出し、一発攻勢で打ち勝った。

2点リードの9回、抑えの今村が1点失いなお2死満塁のピンチだったが、かろうじて逃げ切った。

情報源:誠也2発5打点!広島打ち勝ち連敗4でストップ― スポニチ Sponichi Annex 野球


回、左越えに逆転の2点本塁打を放った広島・鈴木=神宮(撮影・大橋純人)

(セ・リーグ、ヤクルト7-8広島、8回戦、広島5勝3敗、10日、神宮)広島が乱打戦を制し、連敗を4で止めた。4番・鈴木誠也外野手(22)が2打席連続本塁打を放つなど3安打5打点の活躍で、チームは今季20勝目を挙げた。

鮮やかな先制攻撃だった。広島は一回一死三塁とすると、3番・丸が山中から右翼フェンス直撃の適時二塁打を放ち、先制。続く鈴木の右翼線適時二塁打で1点を追加。なおも新井の右犠飛で3-0とした。ヤクルトは二回、大引が2号2ランを放ったが、広島は三回、鈴木の左翼席上段への6号2ランを放った。

ヤクルトは3点を追う五回に4番・雄平の犠飛で1点を返すと、続くバレンティンが中越え逆転3ランを放ち、6-5とした。

1点を追う広島は、七回に鈴木の2打席連続の左越え2ランで逆転に成功した。さらに九回には丸が中越えソロで1点を追加。九回にヤクルトに1点差に迫られたが、逃げ切った。

ヒーローの鈴木は三回のアーチについて聞かれると「久しぶりに打ったんで、気持ちよかったです」と笑みを浮かべた。

情報源: 広島が連敗を4で止める 4番・鈴木が2打席連続アーチ – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)



文句なしのヒーローですな。

2HR5打点の鈴木誠也「良い結果が出てなかったので、スゴい悔しかった。結果が出て良かった」【ヒーローインタビュー】 | カープまにあ