警察署から8500万円余なくなる 詐欺事件の証拠品 | NHKニュース

何ををやっているんだろうね・・・


8日夜、広島市の広島中央警察署で詐欺事件の証拠品として金庫に保管されていた現金8500万円余りがなくなっていることがわかり、警察は窃盗事件として調べています。

警察によりますと、8日午後8時ごろ、広島市の広島中央警察署で金庫に保管されていた現金8572万円がなくなっていることに、署員が気付いたということです。

なくなった現金は詐欺事件の捜査で押収した証拠品で、1階の会計課に置かれた金庫に保管されていたということです。警察は、窃盗事件として調べています。

警察は、丸1日近くたった9日午後6時前になって、盗難があったことを発表しましたが、金庫に鍵がかかっていたかなど詳しい状況は明らかにしていません。

広島中央警察署は広島市の中心部を管轄する警察署で、地上5階、地下1階の構造です。山田博實副署長は「警察施設内で盗難事件が発生したことは誠に遺憾です。捜査を尽くし、真相究明に努めたい」と話しています。

情報源: 警察署から8500万円余なくなる 詐欺事件の証拠品 | NHKニュース

ハァ・・・