「赤ちゃんポスト」10年 匿名性の是非問われる | NHKニュース

ふむ・・・


親が育てられない子どもを匿名で受け入れるいわゆる「赤ちゃんポスト」を熊本市の民間病院が設けてから10日で10年になります。これまでに預けられた125人のうち、20人を超える子どもは今も本当の親が誰かわからないままとなっていて、「匿名性」の是非が改めて問われています。

熊本市西区の慈恵病院は、平成19年の5月10日にいわゆる「赤ちゃんポスト」の運用を始め、平成27年度までの9年間に125人が預けられています。

このうち、70%以上の子どもは児童相談所の調査などで親が突き止められている一方で、預け入れから1年以内に親が判明しなかった子どもは29人に上っていて、このうち20人を超える子どもは今も親がわからないままです。

このため、子どもたちは自分の本当の親を知ることができないだけでなく、実の親が突然名乗り出てくる可能性があることから、児童相談所も、子どもを里親に預けたり特別養子縁組を行ったりすることに慎重になり、乳児院などの施設にとどめざるをえないケースも起きています。

熊本市が設けた「赤ちゃんポスト」の検証を行う専門部会の委員で、関西大学の山縣文治教授は「匿名のまま子どもを預けるのは、実の親が誰かを知る権利が保障されていない。匿名の仕組みは今のままでいいのか、国が率先して検討するべきだ」と話しています。

情報源: 「赤ちゃんポスト」10年 匿名性の是非問われる | NHKニュース

ハァ・・・