東芝、暫定決算に=監査承認なし異例対応-15日めど社長会見・17年3月期:時事ドットコム

ハァ・・・


東芝は8日、2017年3月期連結決算について、監査法人の承認を得られない「意見不表明」でも暫定的に決算数値を発表する方向で調整に入った。監査法人から「適正」の見解を得られないまま発表した16年4~12月期決算に続く異例の対応となる。東証が上場企業に求めている決算発表の期限である15日をめどに綱川智社長が記者会見し、業績や監査法人との協議の状況などを説明する。

関係筋によると、会計監査を担当するPwCあらた監査法人とは平行線の協議が続く一方、検討している監査法人の変更も引受先の選定に時間がかかっている状況だ。15日までに監査承認を得られるよう努力は続けるが、得られない場合には「株主への責任を果たすため、決算数値の説明は必要」(東芝幹部)と判断した。(2017/05/08-23:39)

情報源: 東芝、暫定決算に=監査承認なし異例対応-15日めど社長会見・17年3月期:時事ドットコム

ふむ。