山火事で消火活動を再開 岩手 釜石 | NHKニュース

ふむ・・・


8日、岩手県釜石市で起きた山火事は今も燃え広がっていて、9日朝、自衛隊のヘリコプターが上空からの消火活動を再開しました。

8日正午前、釜石市平田の山林から火が出て、岩手県によりますと、8日までに少なくともおよそ100ヘクタールの山林が焼け、今も燃え広がっているということです。

現場は山の中で近づくための道路がなく、消火活動が難航したため、釜石市は8日、尾崎白浜地区と佐須地区の136世帯348人に避難指示を出しました。

8日は、岩手県が自衛隊に災害派遣を要請し、自衛隊と県のヘリコプターの合わせて3機が上空から消火活動を行い、日没後、いったん中断しました。

そして9日午前5時ごろから自衛隊の大型ヘリコプターなどが消火活動を再開しました。9日は自衛隊のほか、岩手県の防災ヘリコプターなど合わせて12機が出動し、消火にあたることにしています。

現場は釜石市の中心部から南東に6キロほど離れた半島部に広がる山林で、近くに住宅などはなく、けが人もいないということです。岩手県内は8日、風が強く吹き、釜石市では25.9メートルの最大瞬間風速を観測していました。

情報源: 山火事で消火活動を再開 岩手 釜石 | NHKニュース

ハァ・・・