“山火事で放射性物質飛散” 批判受け新聞社が紙面で謝罪 | NHKニュース

ふむ・・・


東京電力福島第一原発事故の帰還困難区域で起きた山火事に関連して、放射性物質が飛散するおそれがあるとしたコラムを、和歌山県の新聞社が今月掲載したところ、「風評被害が助長される」といった批判が福島県の農家などから寄せられ、新聞社は9日に紙面で謝罪しました。

和歌山県田辺市の新聞社、紀伊民報は、原発事故の影響で帰還困難区域になっている福島県浪江町の山林で先月発生した山火事に関連して、東京電力の元社員の情報として、「放射能汚染の激しい地域では森林除染ができておらず、火災が起きれば花粉が飛ぶように放射性物質が飛散するという」と書いたコラムを、今月2日付けの紙面に掲載しました。

新聞社によりますと、これについて、「風評被害が助長される」とか「デマを広めるな」など批判する電話やメールが、合わせておよそ20件、福島県内の農家などから寄せられたということです。

このため9日の紙面で「福島県の発表では、火災現場周辺の空間放射線量には大きな変動がなかった。多くの方に心配をかけ、迷惑を与えたことになる。誠に申し訳ない」と謝罪しました。

一方で、2日のコラムに誤りはないとして、インターネットなどでの掲載を続けるとしています。紀伊民報は和歌山県の南部を中心におよそ3万4000部を発行している地方新聞社です。

情報源: “山火事で放射性物質飛散” 批判受け新聞社が紙面で謝罪 | NHKニュース

ほぉ。